橋本多佳子のオジバ

またまた昔話を。

なんか小耳にはさんだところによると秋田プリンセスの編集長が嫌いでBL禁止なとか。

え・え~っ!
青池保子の「イブの息子たち」をはじめとしてプレBLが花盛ってた時代を知るちよこには驚きでござります!

おらの筋肉好きのルーツは岡崎沙実さんかな?って思うし。
デイモスの花嫁あしべゆうほさんの禁断近親世界もエロエロく感じたし
イケスミチエコの「蒼い炎」とかヤケド跡を隠す露出NG!なトップモデルの話だったっけ?
(今考えると致命的な設定だなあ^^;百合要素もあった気)
花郁悠紀子・波津彬子姉妹もデビューはプリンセスよね?うっすらBL要素^^あった。


今日は橋本多佳子すんの作品に登場したオカマの成れの果てのことを。
じいさんだかばあさんだかわからない通称「オジバ」。
ある日行き倒れイケメンを拾ってなにくれと面倒を見る。

やがて役者として芽を出すイケメン。
美人女優から言い寄られるがイケメンが選んだのはオジバのきんぴらごぼうだった・・・という
よくわからないながらもインパクトあるお話どした★^^


たしかこのオジバがその昔は天才美形ダンサーとしてもてはやされた過去があったりしたような?
ちやほやされて自堕落に暮らしたあげく若さとともに美貌も失って零落、
カッパハゲのオジバとして残酷な老境の最後の楽しみとしてイケメンを養ってた・みたいな。


イケメンの気持ちがBLというより食欲だったし(ぐわっつぐわっつとかっこむ様が迫力)
残酷な時の流れは性別を超えたオカマにも容赦なくふりかかるのだなあ・と腐りかけちよこに衝撃走らせた作品どしたわ。
(タイトル忘却。オムニバス連載の初回だったかな?)




そろそろ爛熟のBL界にシルバーブームとかきなさらんじゃろか?
ぽっちゃりはたまに散見するけどまだ木原さんの

くらいしか・・・(需要あれば出てくるか?)

同人作家コレクション 160 yoha


2012~2014に発表されたものをまとめて2015年頭に出版したんて。
まずネーム量とコマ割りの細かさに驚き作画力と雑学の深さに驚く★んああ!
わての知ってた時代の熱情(のみ)暴走してたのは過去なのね。


yohaさんの作品は商業コミックスの

を先に読んでたんけど
Ωバースそのものが苦手(なら読むなよ・・)なうえに
これってΩ設定そのものを破壊してね?って世界観><。
レイプ容認じゃないけどそこから愛を芽生やかす?無茶さを感じたの。


今回読んだ同人コレクションは黒子のオールキャラ?で
主に高尾と緑間、宮地の3Pエロス関係。
この三角のいびつさがかつて見たことないというか
宮地先輩に心酔する二人が本来ライバルであるべきなのに代替行為として「同じ人が好き」という理由で恋人になったり
ネットアイドルしてる先輩を二人で攻略してみたり
淫語言わせたり
闇鍋でキムチ汁粉食わせたり・・・・とやりたい放題☆

なんかいろいろ濃い・濃い!
エロもしっかり18禁でけしからんくてうっひゃあ・・・とビビリバビリブー★
でも扇情的なだけじゃなくて哲学も感じさせるところが沼の沼たる・・・・?ずぶずぶぶ。
(気がついたときには抜けられないのね^^;)

命みじかし恋せよ乙女: 大正恋愛事件簿/中村圭子


らんぷの本。大正~昭和にかけての恋愛スキャンダル?を網羅した一冊。
マツオヒロミさんの美人画に魅せられてめぐりあった本なけどモダンな完成高いイラストもっと見たい!(三葉のみ><)

なんとなく聞きかじった事件の数々が当時の写真や新聞記事、本人の文章などで顛末ダイジェストに読める便利さもあるけど
これって(物見高く読んでおいてなんだが)個人情報保護に厳しい現代視点から見ると人権侵害???
・・・あ、現代でも死んだら人権無くなって写真とか出し放題だっけ?^^;


「恋愛」という概念(訳語)は明治時代の発明だとか。
封建時代に雄雄しく立ち向かった勇気ある女性たちの群像劇でもあるような。

らいてうと心中しそこなった森田草平が彼女が処女かどうか、女にも性欲があるのかどうかばっかりで
「わたしは女じゃない」と叫ぶ彼女に呆然とする感覚にこそ男女の深い溝を感じた。

ここ。ここにBL繁栄の根源を感じたの。
男は女を付属物か従属物のようにとらえたがってる。
(母か家政婦か娼婦のように自分の欲求を満たすための存在)
対して女は対等の人間としての権利を主張する。

でも女と男には差異があるから全く同じというわけにはいかないしねえ・・・★



写真が豊富で白黒補正もあるかもだけど美人揃いで見ごたえありました。
藤原義江はスコットランドハーフらったんや、へええ。
駆け落ちした人妻だったあきさんは三井理事の妾腹からのちにタレント議員の先駆けとか。
華やかなりし。

大騒ぎしたわりにすぐ別れてるのが多いのは恋愛の賞味期限てやつですかのう><。

ストーカー加害者:私から、逃げてください/田淵 俊彦 NNNドキュメント取材班


TV番組の取材からストーカー問題を掘り下げたドキュメンタリー。

それもストーカー側からの視点でその本音を引き出すことによって
ストーカー問題の根絶を願う。


そりゃそうだすな。ストーカーする側の心理を理解せんことには解決にはつながらねいかと><。

この本では3人の加害者にインタビューしてますがそれぞれの典型的?とも言える思考形態に迫ります。

一人は妻子ある男性に暴言・脅迫を繰り返す40代女性、
一人は20代の同僚に何度も求婚しつづける50代男性、
そしてもう一人はとある芸術家のファンをこじらしてつきまとい行為をやめられない30代女性・・・


一般的には男性の方が加害者となるパターンの方が多い印象ではあるものの
この三人の行動を見るうちに恋愛が犯罪になる瞬間が見えて来る・・・・?

「被害者は自分の方なのに」と声を荒げる最初の女性は
嘘や虚飾だらけだった男性をそれでも見限ることが出来ず執着せずにいられない★
先に声をあげた方が被害者になれるのじゃ?というどっちもどっちな泥沼関係ではあれど
結局離れられない、追わずにいられないという方がストーカーと呼ばれてしまうことに納得できない。
彼女を見ると愛というよりマウンティングぽい感じで
そこまでにかけた時間や期待に執着してる印象どした。ナルシズムの歪んだ発露??

二人目の勘助もまた都合のいい理想像を相手に押し付けてる風でやたらと神聖視してるのがキモい。
相手を女神かなにかのように讃えつつそれに見合うのは自分だけだと思い詰め?

三人目もまた歪んだファン心理つか
あわよくばその先生の助手かなにかになって余禄を受け取りたいいやらしさ??



ストーカーに共通するのは相手を自分の一部であるかのように錯認してるというか
一個の意思ある人間として拒絶する自由を認めず「こんなに愛してるんだからいつか解ってくれる」という思い込み・・・
それこそがストーカーであり、ストーカーがやめられない心理はある種の依存症と同じ精神疾患では?という所見。


う・う~ん、「101回目のプロポーズ」とか今ならどう見てもストーカー案件だよね確かに。^^;
時代がつくる流行で変わってしまうものもあるにしても
ストーカーは自分ばっかりで相手の反応を見ない(見えない)から嫌われるんじゃろうのう。



また被害者も嫌われる勇気を持つべきだとしても
それで逆恨みされたら・・・・と思うとキツイことも言えないのかな、
アイドルなんか嫌われず評判おとさず距離をキープ・・・なんて難事業だあ。
(めった刺しリスクの両刃の上?)
(CKBの「セプテンバー」て曲は悪者になりたくない心理の別れ歌だったにゃあ)



BLもストーカーネタをよく見かける昨今けど
恋愛には思い込みとカンチガイ要素があふれてるのかもしれんですのう。

移り気で多情なアテシにはそこまで一人を思いつめられる一途さは羨ましいようなそうでもないような★^^;
どっちにしても一方的じゃないコミュニケーションがなにより大切でんな。勘助撲滅!
(自分の中にもいそうな気がしてならず・・・)

僕らとうさぎの恋は戦争1/流れないテッシュ




と二冊同時に読んだけど
一冊目の同級生~はキャラの見分けがつかないやらで読みにくかったのが
二冊目ではかなりの大進化&エロ大増量で驚く☆^^

え~、でも二巻はまだ出る気配ナシ?
一年以上間が開くのは続き物としては問題ですわ><。善処ねがう。

ストーリーもエロに対する説明が皆無でモヤモヤ・・・
主人公の三太郎くんがある日発情してそれにクラスの四人が群がる、という複数モノで
攻めそれぞれがもともと好きだったっぽいし戸惑いながらも快楽にトロケるさんたろもカワイイし
ヒキコモリで悪魔みたいなイケメン・アラブ風セレブ・無邪気に奔放・自覚あるヘンタイ・・・・と
キャラ立ちまくりの攻めたちが重症な感じで読んでて楽しい♫^^

これからさんたろの発情の原因や人外風に描かれてる登場人物たちの説明がされていくのやと
期待しまくるが・・・ハテサテ?
プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム