FC2ブログ

舞姫 テレプシコーラ 全10巻完結/山岸凉子


以前見当たらなかったコレが魔窟から発掘でけたので再通読☆
(ついこないさの気がしるけんど2000年ごろスタートしたのねえ><。)


やっぱり読み始めたら止まらなくなるド・名作!!

わーし個人はバレエには格別な思い入れはないというか
優美に見えても全体重がかかるトゥシューズの中はタコだらけ・とか
団の運営にかかる莫大な費用の捻出・とか
主役とコールドの間にある絶対的格差・とかとか
光が強い分だけ影も深くなるものよのう・・・・・と感じるザマス★

あ・天皇制に感じてることに近いかな?
(高貴なる虜囚みたいな同情心を寄せておりんす)



はてさて、今回は千花ちゃん六花ちゃんの親的視点から読んでしまいました☆
千花ちゃんたら五千万?も治療費かけさせておいて自殺なんてヒドス><。(さめざめ)


だけど千花ちゃんが死を選んだ直接のきっかけ?は
別の道を択ぼうとした彼女を咄嗟に否定したせいだ!!・とも思えるので
そんな自分を責め続けるしかないオカータマが不憫・不憫。

オカータマこそが人生をバレエに捧げてきたバレエ教の被害者つうか
裕福な家の一人娘に生まれて人一倍の努力と家族の協力があっても
それでもプリマになれなかった無念・を才能あるわが娘で晴らしたかったのかな、と。
(そのためなら5000万ごとき屁でもない?実父は頼れなくなってもいずれ公務員の夫の退職金もあるし・・・って
茶道ではVIPだったらしい姑の遺産でなんとかなったかしら?←あくまで金銭事情が気になるゲス^^;)





一方で千花ちゃんの学校でのイジメの実態も気になりんす★
あのエラ張りケバブスがいじめ主犯格なのだとして
そこまで千花を憎むだけの事情、トップをとれない実力をなじられたりの人格否定とかの虐待を受けたのかも・とか

キモ教師からのエコヒイキという迷惑行為によってクラスに味方がいなくなっちゃった千花の立場

そして本人自体が自覚してなかったとしても女王様のように高慢に見える美貌と才覚?
弱音を吐かせてもらえない親からの期待・などなどが逃げ場をふさいでしまったんじゃろうか・・・・><。




この物語の主人公は六花ちゃんで彼女がコレオグラファーとして大成するためには
大好きな才能ある姉の喪失という断崖が必要だったのかもしんねけぞ
空美ちゃんがエレジーある名ダンサーになるにもあれだけの壮絶体験があればこそなのかもしれないども
そこまで累々と積み上げなければならないもんなのう・・・?と絶望するす★
そうまでして高みを目指さなければならんものなのん?



はわわわw
六花ちゃんのプロヘッソナル編が読みたいよぉう><。
空美ちゃんのあの後編か車椅子美智子先生の青春編でもええです(^^♪

「レベレーション」はなんかコケそうな気がしるんや



あ・今読むとNYCBの天才ソリスト・駿くんは「ダンスール」の潤平と同タイプやねえ。^^
ダンスールは三か月ペースで新刊出てたのにどうしたんじゃろ・ええとこなのにん!><。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム