神楽坂純愛 ―田中角栄と辻和子/深井 美野子


これまたショッキングな内容新事実発見本やわ★

熱情―田中角栄をとりこにした芸者/辻 和子を読んでみた感想で辻さんに対しては興味失ってたのけれど
辻さんちと懇意にしていた検番女医の娘・・・・・という近しい立場だったからこそ見聞きできた
真実の姿、それぞれを鳥瞰できた視点に驚き☆


筆者は作家という肩書(留学経験もある洋楽関連のライター)のわりに文章がスゲー読みにくいのが難ではあるけれど><。
主語が誰なのかわかりにくかったり時代が前後したり、あえて「和子(本名)」と「円弥(芸名)」・「おかあさん」と「むらさん」と統一しない呼び名を一つの文章に混在させたり、こたつから出た三人が「デーン!と倒れた」理由を書かなかったり・・・(一酸化炭素中毒?)不親切。



でも本人が告白できなかったことを第三者がバラすのは倫理的にどうなんだろうか。
和子さんは故人にしてもその子や孫がいるのにさあ・・・・・

(↓と、言いつつ私もバラす^^;)










「熱情」の次の本を企画してる途中で頓挫した理由、それは
和子本人すら知らなかった事実を筆者がそうとは知らず示唆してしまったから・・・・。


和子は先天性梅毒だった。
口の端にあるシワの存在、それこそが梅毒の既往症の証であり、状況からして実父経由の胎内感染の結果と推論できる★
角栄と関係を持ったあとで二人で治療を受けたことは自覚していたものの
和子本人は角栄からの感染と思い込んでいた。
しかし角栄と養母・むら、治療にあたった医者の三者はその状況あきらかな推論を和子には隠していた。
その優しさを晩年になるまで知らずにいた和子は後悔に苛まれる・・・・。


和子の実父は材木問屋の跡取り息子、母は小町の評判をとる美人だったが
関東大震災を機に家業は傾き最後には一家離散、
父は酒に溺れ母は30歳という若さで病没(嫁入りは15歳?)
兄は養子に出され姉は惚れた小僧に売り飛ばされ・・・・(母似の美人でやはり15歳だった)
六歳の和子はなんの数奇か姉と同じ置屋「金満津」に売られる。

栄養失調で長生きしそうにない和子はどこでも疎まれなかなか引き受けてがなかったので
養母の辻むらとその姪である円子が姉を「気取ってる」と非難するのは辛かったが
感謝を持って芸の道につとめた。

幸い本人も芸事が好きでお酒も好き・・・と向いた職ではあったし
お酌以前のちびっこ時代からの四人組チーム(秀龍・敏子・雅子と)からの人気と
戦後の疎開によって若手が少ない時期にいち早く活動できたこともあって売れっ子芸者に。


その矢先に若き角栄と出会う☆18歳。


本人も最初は意識していなかったし養母・むらも乗り気ではなかった。
角栄は田中土建の社長ではあったがまだまだ小物でしかも妻帯者だったし。

先に口説き落とされたのは養母・むらだった。
和子が欲しいなら妻と離婚しろ、というむらに「家族を捨てることはできない」
「あなたの息子にしてください、私の母になってください」と熱心に口説いたのだろう、と推論する☆

人情家であり実子のいないむらには心に響く言葉だったろう。
「息子ができました」と晴れ晴れとした顔で深井家にも報告に来、
角栄も「母です」と堂々と支援者たちにも紹介したという。(出た!角さんの人たらし^^☆)


当時角栄28歳、その後炭管事件で入獄のおりには差し入れに日参し
獄中からの立候補には選挙資金の巨額を賄ったむらと和子の影の功労には頭が上がらなかったことと思われ。
そりゃ恩返しに豪邸くらいは建てるわなあ☆^^




角栄は和子をもらうにあたって(花柳界の流儀にのっとり)同じ神楽坂のなじみと別れることになったいきさつがあったが
実は場所替えをさせて完全には切れなかったらしい。
一度情を通じた女とは一生面倒を見る覚悟だったらしいの。アルファの本懐じゃんすか☆^^


そんな角さんだから愛する和子がこれ以上傷つかないようにと
梅毒という不名誉を自分で背負うことにした、っちゅう
これ以上も無い美談だぞなもし♪








現代からは想像つかないかもしれないけれど
昔はけっこうありふれた病だったらしいし(「花柳病」と呼ばれた)
おらも『進行すると鼻がもげたりするんろ?』程度の知識しかなかったども

母子感染で起こる「先天性梅毒」とは ヘルスケア大学
見る人が見ればわかる身体的特徴?として出るのね、とショック・・・・。


最近またエンコーやら乱交やらの風紀の乱れ?によって若年層に患者増えつつあるそうな。
今はいい薬があって完治する病とはいえ知らずに感染して後悔するような境遇の人が減るように周知するべき問題では・・・・?と考えさせられました。







「熱情」だけだとあまり好感持てなかった和子さん。
その壮絶な生い立ちと角栄との信頼関係を知った今は急上昇ですわ。

お金で身請けされた芸者と旦那で何が純愛だ、と偏見してたアテシこそが穢れた存在><。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム