生かされて。/イマキュレー・イリバギザ


ルワンダの虐殺を生き延びた女性の手記。
その後国連で働き米国男性と結婚した彼女が
いかに殺戮の日々を生き延び神との対話によって殺戮者を赦すに至ったかノンフィクションの迫力・・・!


1994年、アフリカのルワンダという国で突然の虐殺が始まったとき
NEWSは日々拡大していく犠牲者の数を読み上げるだけで・・・・
(当時の国連難民高等弁務官は緒方貞子さんていう日本女性だったこともあり)
なんとか介入できないモンなの???とヤキモキするしかできない当時でした><。あうう


結局いったい何が起きたのか、なにが原因できっかけだったのかはいつもいつも。
今んとこオラが得た情報によると植民地体制だった頃、宗主国ベルギーが
少数民族のツチ族に特権と権力を与え、支配される側だった多数派だったフツ族の恨みを買っていて
ベルギーが撤退?したあとにその走狗と見られていたツチへの恨みが爆発したんであるらしく・・・・・★

これってさー、日本のエタに近いんじゃ・・・?
非人と一緒くたにされやすいけど人権が無かった無宿人・犯罪者集団?だった非人に対して
エタはむしろ一種の特権階級で屠殺や解体を含む職能集団という側面を持つ、むしろ裕福であったとか。
イノサンの頃のムッシュドパリと同じで貧民への無償治療など善行を積んでもケガレとして嫌われてきたのに近い・のやろか。



ツチはそこまでの被差別民族じゃなかったにしても
・・・むしろ差別があれば軽蔑することで気が済んでた可能性??
長身で彫りが深い容貌や教育程度・裕福さなどで根深い妬みが
いうなれば拡大再生産され続けた貧困の連鎖がツチへの憎悪となり虐殺の火種となったみて。

混血も進んでてそんなにきっぱり民族対立があったわけでもないのに
フツパワーを唱える過激派がマスコミを扇動し
正義の執行と信じた民衆が殺さなければ殺される・とばかりに集団心理><。
(これもイジメに参加しないとイジメられる側になるのと同じ構造か)


突然始まった虐殺にツチ族たちはなすすべもなく
そのリーダー的立場であったイマーキュレーの父は
頼ってくる人々のために出来る限りのことをしますがそれはあまりに無力★
若い娘であるイマーキュレーはただ殺されるだけでは済まないと穏健派フツの牧師の家に匿われます。
見つかれば犯され惨殺される恐怖を狭いトイレ空間で
腰を下ろすこともできない窮屈さの中で6人の(のちに8人)女性たちは耐え忍びます・・・!
その極限状態の3か月間、物音も立てず飲食も最低限姿勢を変えるのすら交代で過ごす中
神の姿を見、対話すらした彼女をただの精神異常・幻覚と言う人もいるかもしれません。

しかし苦しみの中で正気を保ち、
愛する家族たちを殺した犯人たちへの憎悪とそれを赦そうとする気持ちに揺らぐ彼女の姿は
人間の尊厳そのものに思えました。ぐああ


大いなる神の愛、
罪を憎んで(罪を犯させる悪魔を退けて)弱きものたちを赦す強さ・・・・に圧倒されたのです。



100日間で虐殺された人々は少なく見積もっても100万人は下らないという。
1959年と1972年にもツチへの迫害はあったらしいしこりゃもー天災レベルの災厄やんな><。




なんか先月出た本で

下手に人道介入するとかえって長引いてこじれるんじゃね?って内容らしいけど
じゃあとことん殺し合いさせればええっちゅんかいな★残酷すぎる方程式じゃんすか・・・!

どんな戦争も平和を求める気持ちから起きるのだとしてもだな、(適当な言葉を代入でけない
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム