白百合の供物/宮緒葵


中世西洋風味?な舞台ですが、予想以上に要素が強いBLでした(^^♪さすが宮緒さん!

冒頭の再会シーンから大型犬が尻尾を振る音がぶんぶかぶんぶか喧しいほどに幻聴しましてよ☆ほほ!

攻めと受けは同じ孤児院で育った幼馴染で
銀髪白肌の王国人と金髪褐色の帝国人との諍いのはざま、王国が多数の場で虐められていた攻めたちを
伝説の聖者に似た面差しの受けが「弱いものいじめしたって意味がない」とかばってくれたのを恩義に。

受け(ヨエル)はその後教会に引き取られ聖職者の道へ
攻め(リヒト)は争いのどさくさで帝国の軍人になっての再会でした。
実は王国の手先として性的に訓練された受けは傾城傾国のスパイになっていたのでした・・・・!

何も知らなかった身を穢され弄ばれ続けてきたヨエル。
その恨みを晴らすには出世して現教皇を排除するしかない、と思い詰め男たちを籠絡しまくってきました。

一方でリヒトはヨエルとの再会だけを夢見て一途に生きてきた男。
その正体を知ったところで崇拝する気持ちに揺るぎはなく
「ヨエルに愛を捧げてこうなったのは自分一人だ」と満足気なドDTです☆
(もちろんヨエルを穢した男たちは許さないけどヨエル自身はちっとも穢れてない!と言い張ります)


うふ~ん、エロシーンの描写そのものはちっともの足らず?で
性的エキスパートなヨエルには繰り返されてきたであろううんざり物件だからさらっと流れてるのかにゃー、
ヨエルしか知らないリヒトはもちろん、ヨエルにとっても初めて知った蜜のはずなんだから
もうちょっとねっちり描写してほしかったわん。


あと靴下・下着執着がすごいね!汚ねえ☆^^
中身がここにあんのに執着すんなよ、ため込むなよ!!犬めが★


そしてリヒトが実は双子のゼルギウスと入れ替わってるかも?という疑惑は
はっきり明かされないところがむしろイイ!ですなあ。(ラスト「アロイス」みてえ)

稲荷屋房之介先生のイラストが美麗で軍服モエ満開、スカーフェイスの男らしいリヒトと
天使か女王様?みたいなヨエルの組み合わせが気高い雰囲気でよろしゅうございあんた☆^^

悪ぶっても結局常識人で善人なヨエルとヨエルのためならどんな罪ためらわずに冒すっぷりのリヒト。
吹っ切れてていいですな~ゲヘ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム