霧の楽園/丸木文華


丸木さんお得意の大正モノ(^^♪

成り上がり新貴族の嫡男・裕一郎×小柄な下男・学 の互いしか見えないカプです。


攻めはまあよくある?全部完璧なスパダリなんどすが
学は武骨な庭師である父にちっとも似てない虚弱なぼんやりさんで
他の男と逃げた嫁に似てることもあって跡継ぎにもならない無能な息子を殴る父に虐待されまくり><。

二歳違いで幼い頃から仲が良かった二人、
昔から執着気味ではあったものの身分の差に気付いて線を引こうとする学に対して
跡継ぎとして手腕を振るい始めた裕一郎は両親のとがめだてすらも聞かず学を傍に置きタメ口強要★
八歳下の妹・葵はそれがどうにも腹に据えかねるのだった・・・・!



以下ネタバレで畳みますが
最後の最後で「そうゆうことか!」と舌を巻く巧い構成でさすが丸木さん、と感動しました。
もちろん丸木印のエロシーンもバッチリ♫
体格差・身分差ではあるんけどムリヤリ感は全くナッシン。
丸木作品は鬼畜テイストが多めだけど、むしろ攻めが被害者じゃ・・・?とすら取れる余地がいいよね^^☆


ハイ、ネタバレその一は


学が度重なる虐待暴力からか多重人格者だったというオチで
だからこそその万華鏡のようなオパールのような
角度を変えるたびに煌めく魅力で攻めを魅了していた・・・という話。


パッと見は貧相な童顔男でしかない受けちゃんが
攻めだけにピンポイントな傾城傾国なんですね!
受けはもちろん帝王のような攻めを信奉してますが
弱い子なので誰にでも従いそうな危うさが攻めを不安にさせます><。
(そしてそれが最後のオチにつながる?)
受けの愛以外はどうでもいい・な攻めがスパダリに成長したのも二人の世界をつくれる力を持つためだったとかサァ・・・
ステキすぎ!!^^



幼い頃から際どい遊びはしてましたが
24歳×22歳の現在まで一線は越えなかった二人。
初えちからめくるめく快感描写がスゲ・・!
ホントに処女なのう?と疑うほどですが
絶倫すぎる攻めに愛されまくっても悦ぶばっかりでエロエロです。
本人も違和感を感じるほどですがMっ気たっぷりでもうどうにでもして!なガッツリH。

初エチに至ったきっかけが暴力受け父が失踪したのが発覚した夜で
もしかして攻めが殺した?・・・と疑いながら抱かれる受け。
そこまで自分を愛した攻めに申し訳なさと嬉しさがないまぜに。

あまりにも自分に執着する攻めに「きっと骨になっても離さないんだろう」と夢想するシーンもあって
そんな説話?なんか坊さんと稚児の話があったナーって思い出したり。ひゃ!^^




あ、オチのオチは↓



































攻め自身も養子だった、ということが一番最後に明かされます。

八歳下の娘は実子だからこゆ場合結婚させたりしね?とも思ったけど
攻めが受けしか見なくて受けを手に入れるためならどんなエグイ手でも使う奴で
両親もさじを投げてるからしょんないネ!^^

葵ちゃん自身の手紙で明かされてるところがウマいなーと思いました。



そして笠井あゆみさんの絵がゴージャスでいやらしくてぴったりでした。
何度目のコラボだっけか。^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム