同期生「りぼん」が生んだ漫画家三人が語る45年/一条ゆかり もりたじゅん 弓月光


同窓会ノリの鼎談本かにゃ?てオモたら
各自で思い出を語った合本スタイルの一冊でした☆


アチシはこの三人では断トツでもりたじゅんが好きだった(^^♪
りぼん時代の記憶自体はおぼろなんやけど
本宮ひろ志は兄がファンで読んでたんけぞ、あるときから女性キャラがすごく魅力的になって
奥様であるもりたさんがお手伝いするようになったから・・・と知ったときのコーフン☆∞(無限大)。
「硬派銀次郎」のデカレグこと高子ちゃんがJCとは思えないダイナマイトボディでねえ、^^
(当時は「月とすっぽん」とか「かぼちゃワイン」とか小男×大女がブームらったけどその走り?)
チビで生活に追われて居眠りばっかしてた銀ちゃんと違って学力優秀、
医者の家のお嬢様でT大医Ⅲにストレート合格しちゃうスーパーガールで
だけど銀ちゃんに惚れきってるDT男子の妄想の仮現のようなキャラでしたな。

「俺の空」のヒットも女性の魅力(体重を感じさせる・がもりたさんの形容だったとか)があったからこそだし
内助を超えるお仕事ぶりやった☆彡


もりたさんコーナーから読み始めたけろ
期待以上にそのライフヒストリー語り尽くされてて、
特に本宮プロから巣立っていった著名作家たちの羅列から豪華☆
本宮センセは特に後進の育成に熱心らったのネ、へー!!

子育てしながらも本宮のアシストからご自分の作品もあれほど発表されて
その舞台裏の大変さを苦労自慢でなくあっけらかんと肯定的に語れる素敵な女性やと
改めて惚れちゃいますた★憧れちゃう!(うっとり)




次に読んだ一条センセとゆうたら少女漫画界の女王の風格?^^
以前にも自伝やエッセイといった内容の本を読んだことあるので重複してる部分もあったけど
りぼんの専属として時代をつくってきた当時を振り返っておられてます。
2006年の事件てアレかな、半島系カルトの広告塔?にされかけた・・・・すっかり忘れてたけど
有名人になるといろいろあるよな><。

おらが買った初めてのコミックスが一条センセの「はだしのマドモアゼル」だったけど
表紙買い失敗例の第一弾でもある★
全体的に一条作品は主人公がヒステリー体質?でおらとは合わんのよ・・・。
(「こいきな奴ら」は好きだったかな?)



弓月はマーガレットに移籍してからの方が記憶あるにゃ。
「ボクの初体験」「エリート狂走曲」「どろん」と男女問わず大人気でクラス中で廻し読みしてたっけ。

青年誌に行ってからはセクシーな題材をテーマに描かれてたけど
このシトの描く女体はきれいだけど色っぽくない気がしてモノ足らん!
(だからこそ際どいテーマもあっさり描けたのかも)

二十年以上(!!)続く人気作「甘い生活」が漫画のエロ規制への嫌がらせだったとは。

だからあの二人はセックスしないのか、成歩堂!^^☆






昔のりぼんでは大矢ちきが好きだったナ、とか
巴里夫のページがすごく浮いてた・とか
今だったらtnkの擬人化にしか思えないキノコ漫画とか記憶が錯綜しまんた☆

高い印象だからそうそう買える本じゃなかったけど廃品回収からガメたんだったっけ?
(犯罪告白・・・時効よね★)

あらゆる手を使って漫画を読んでキマシタ・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム