日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族/深谷敏雄


あまりにも・あまりにも凄絶な実話です><。


中国・上海でスパイとして活動、その仕事を評価され二度も勲章の誉れに輝いた深谷氏は
国際法に違反することを覚悟しながら戦後も諜報活動を続ける命令を受け入れ
そして・・・・

命を賭してお国のために働いた軍人たちの心構え、
愚直なまでに上官の命令に従った一人の男の物語です。

国家のイデオロギーの犠牲になる・ということの残酷な現実★
自分がスパイだってことを認めてその罪状をつらつらと自白すればここまでの地獄を見るこたあなかったのに・・・

身長が10センチも縮むほどの拷問て想像できる??
餓死寸前まで追い込まれて肺結核の高血圧のそして零下の獄中でろくな衣類もなく
歯を食いしばって耐えるしかない地獄ですべての歯はボロボロに・・・・
自白をするまでは楽にはさせない?ために治療はするが・・・

苦難は本人だけにとどまらず
妻と子らは一切の援助も受けられず「日本の鬼」の妻子としていじめ抜かれた。


妻は実家の窮状を救うために深谷の妻になった。(当時15歳)
その結婚すら中国での活動のためのカモフラージュ、謀略婚であったが
借金を返し病気の両親を救ってくれた深谷に妻は深い恩義を抱いた。
深谷が釈放され以前のような平穏な暮らしに戻れる日を四人の子らと待つ妻。

そんな家族に吹き荒れる文化大革命の嵐



いや~んモォ、一家揃って日本に帰還できたのが信じられないほどの逆境です★
日中国交正常化交渉の人質みたいな一家がキャッチボールみたいに国家間に翻弄されます・・・。


帰国したらしたで言葉は通じないわお父さんお母さんはボロボロだわ
国の支援はクソだわでまたまた困窮の日々・・・
受け取れるはずの軍人恩給でさえ既に何者かに詐取されたあとで
なぜか重婚罪にまで問われるやらのフルボッコ。
こんなんだったらさっさとゲロるだけゲロって国の名誉なんか吐き捨てればよかったのに。
誠実な者が馬鹿を見る世の中なの?


その父の無念を晴らすために次男が書いた慟哭の書ですわ☆

無言のまま歴史に埋もれた犠牲者は計り知れんのやろなあ・・・!
30歳過ぎてからほぼ独学で?習得した日本語でこんな大著を記した次男の執念・・!!


事実は小説以上の驚きに満ちてなさるよなあ、はわわ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム