こころを病んで精神科病院に入院していました。/安藤たかゆき


もっと壮絶な場所を想像してたら
ただひたすらに退屈な、労働の無い刑務所のような・収容所のような場所としての精神病院の体験レポートでした。


まあ一言に精神病院とゆうても患者の病理や院長の経営方針によっても体質は変わってくると思われ
この著者が入院したのはうつ病多めの統合失調少な目の混合棟、
共同生活が可能な程度には軽症な患者ばかりであったものかと。

平和ではあるにしても投薬が主体で具体的な治療やリハビリ的なことはしてないので
わざわざ収容する必要はあんま感じなかったなあ・・・・。
(自傷他害のリスクを排除するのが主眼?)(規則正しい生活と折り紙療法程度)


アテシなんかやっぱドケチだからこんなんで一日いくらの入院費用を払うのはバカバカしい気がするし
入院中は働けないからその費用がまかなえなければ家族や国が負担せざるを得ないとストレス★
やっぱ健康はなによりの節約ですことね!

読んでて家族のことにはほとんど触れられてないのがすごく気にかかった
(リストカット流血失神を母親が発見したところくらい)けど
やっぱり親が入院させたり面倒みたのだろうな。

吃音→いじめ→疎外感→メンタル・フィジカルの自傷が止まなくなった というのが著者の病理で
いろいろ器用にこなせない自分を憎んだことが病根なんやろう。
どっかでわりきって自分とつきあっていかなければならないのが人生として
誰もが自分の望む自分になれるものでもない以上、それに傷つき悩むしかないのか・・・・・?つらいねえ><。



エンタメ作品としては作画も素人っぽいしエピソード自体も少な目だけど
精神病院に入院せざるをえないほど弱っていた著者が一冊の本を描き上げるまでに回復(成長?)したことを寿ぎます☆

またなにかよっぽどの(パンピーがとても経験しえないような)体験でもしないと2冊目は出せないんじゃないかという気もするけど
もしつらい目に遭ったとして「本のネタになるかも?」と思えば辛さはその分軽くなるかも、なればいいなと思いましてよ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム