かえらずの国/大槻ミゥ


…切ねえ!><。


あ、これ「古事記」がモチーフとして出てくるんやけど
イザナミイザナギの、振り返ったらダメよ・ってオルフェウス的なシーンが比喩として☆
文学テッキやわあ(^^♪

受けがいじらしすぎます!
・・・そしてソレに応えられた攻めの間に合った感が秀逸なBLでんた。らぶ!

美人受けが攻めより長身なのは大槻さんのこだわりかしら?^^(好感)
はい、ネタバレますか。


高校時代親友とも言えるつきあいをしていた凪原と三波。
ツッパったグループの中で違和感を覚えていた凪原と優等生で弓道部所属の三波。
水と油に見えてどこか気が合い、立ち入り禁止の屋上で時間をつぶしてはなにをするでもないのに
濃密で満ち足りた気分を味わっていた・・・・。

しかしある日、三波が男性教諭に凌辱されてるのを目撃してしまった凪原は三波を助けようと思わず殴りかかる。
暴力沙汰とエロスキャンダルはたちまち校内を駆け巡り、三波はそれきり学校に来なくなった。
自分が騒ぎを大きくしたせいなのか?><。とずっと後悔していた凪原。


そして数年後。
街角で偶然再会した三波と凪原。
凪原はまた昔のようにつきあいたいと望むが・・・・?




はいー、またまた別の男に迫られてるのを見て逆上しちゃう凪原クンですが
「こいつはオレのオトコで自分はゲイだ」と突然のカムアウト。
高校のときのセンセも同意だったのに先生は三波をかばって引責辞任★
まったくもう魔性の美人受けですこと!^^

三波は凪原が性的な意味で好きだったのに
ノンケだから諦めてセンセを代用品?にしてたのネ。しどい子。


でもその可能性を考えもしなかった凪原も悪いし
改めて考えたら可能性は充分あることに気付いてしまった以上、
凪原にできることは結婚前提彼女に別れを告げることだけで・・・!



ンもお~!!!
適齢期の女を自分の都合だけで捨てるなんてド鬼畜野郎だわね!
そこまでしても失えない愛にモエが滾りマス🎶

いつも(彼女といたときも)どこか違和感を感じ
三波といるときだけが生きた実感になっていた凪原は
他のすべてを捨ててでも三波の手を取ることを選びます。

愛すればこそ身を引こうとする三波がまた姿をくらまそうとするのを・・・・今度は間に合いました。^^
よかったよかった!


テメコラ、俺の覚悟なめんな!と言わんばかり?の濡れ場が情熱的です。
(そしてやっぱりの描き方がエロい。は控えめ?^^)




このお話は攻めが鈍感すぎたのが総てのきっかけなわけだけど、
「だって考えもしなかったんだからしょーがねーだろ><。」てゆう言い訳が通用する余地というか
それだけ受けのカムフラージュが完璧だったのかもね、と思える余地??^^
いいのよ、遠回りしてもちゃんとたどりつけたんだから・・・て思えたのよう。オホホ♪





・・・・しかし一番の被害者?である男性教師に同情する気になれないのは
さっきまで後ろに突っ込んでたtnkを咥えさせたNGプレイぶりと
校内でコトにおよんでたという(シャワーもないのに><)モラルハザードぶりどすな★
一応カギはかけてたみたいだけどさぁ、生徒(凪原)に殴られて職を追われても自業自得よねえ。
魔性美少年とええコトしちゃったんだから悔いなし?^^

そこまでがミゥたんの計算なんじゃろうのう。計算高くて素敵!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム