バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌/川内有緒


パリでメシを食う。」「パリの国連で夢を食う。」に続くアリオたんのジャーニー本。(新田次郎文学賞受賞!!)

国連勤務時代にその噂を耳にした「幻の」バウル。
それは放浪の吟遊詩人が唄う歌であり、無形文化遺産でありながらどこに行けば聞けるかは不明。
雲をつかむような情報をたぐりよせて『とにかく行ってみよう』と決意した著者は運命に導かれるように
バングラデシュへ飛びわずか12日間に濃厚な体験をする。


ほおお・・・!
正直あんま期待しないで読み始めたんけど
ある種神秘的?スピリチュアル体験談を聞いてるような興味深さ☆彡
ヒンズーとイスラムが混在するインド隣国の地でベンガルの民が辿った苦難の道><★
・・・そうそう!バブル期安い労働力としてバングラデシュからの出稼ぎが多くて
山の手線の電車とか乗ると目つきの鋭い肌の浅黒い男たちをよく見かけたものザンス。
(なんか怖かった)
イギリス統治からの独立、インドを挟んだ東西パキスタンという分離国家?を経て
1991年に民主化されるまでの内戦状態・政情不安で大変な国だったんやねえ。

その中で伝統芸能?のバウルももみくちゃ状態で
聖地は観光地化され歴史と伝統のバウルはアンタッチャブルな非可触民化??
観光客向けのミュージシャンは多いが本当のバウルには簡単には会えないだろう・と言われたアリオたん。


ところが数奇な運命とあらゆる幸運?・・・そして親切なバングラデシュの民の好意で
するすると貴重な体験、高名なシンガーとも会えバウルの祭りに参加(ステージ上に席までしつらえられるVIP待遇?)
バウルの神髄に触れたかとすら思える・・・!・・・?


ほええ・・・
さっすが数千倍の難関を突破して国連職員なれたラッキーガール♬のアリオたん。
一生をかけて修行して、ようやく得られるバウルの真理を惜しげもなく?与えられた・つうか
通訳を介したとはいえ簡単には見せられない部分を見せられ
それを自分なりに解釈する理解力?がトンデモ!

誰に聞いても明確には説明してもらえなかった、
実際その目で見て感じてもそれを言葉では説明しきれない・というけど
ここまで説明できれば十分じゃね?^^
この本読んでバウルソングのCD買おうとしたり現地まで聴きに行くヒトおると思うで。

人種差別がちなアテシですらバングラに対する好感度跳ね上がったモン☆貧乏だけど豊かな国なんやね!



ところでバウルの哲学のひとつ、「子供をつくらないこと」ってのあ
養生訓の「接して漏らさず」と同じことをゆうてなさる気がするのす☆^^


昔っからありとあらゆるHに関する記述に強く興味を惹かれたアテシが最初にソレを知ったのは
カラーグラフィック付の日本の歴史本の平安貴族の章、
言答婚?つうんだっけ、恋をするのが仕事みたいな面があった平安貴族は
そんなにHばっかりしてて健康を損ねなかったか・という命題で
ぶっちゃけ膣内射精しなければ陽の気を失わずに気を練ることが出来て健康長寿になる・・・という記述を読んだ記憶★
その元ネタとして「養生訓」が引かれとったの。^^



バウルたちもセックスは禁じられてるわけじゃないし妻帯も許されてるんけど
子供を作るより哲学的希求が大事にされてて
それは何より健康で長生きであることが大事・ってことなのな。

ニワトリみてえなせせこましいレイプ的な行為で孕まされることが多い貧しいセックス・の対極にある考えだよね☆すげえ!


もちろん別に子供を産んだからといって罰せられるわけでも蔑まれるわけでもなくて
ただ最良のタイミングで最良の子供をつくるべきとき以外に無駄撃ちすべきではない・という考えは
望まない妊娠を防ぎ母体の疲労や家計の負担を減らす、そして思索の時間を守る良策だと思えます♪



まあ実際にはバウル的な生き方は難しいし
インドのサドゥーにも似た世捨て人・修行僧的な人たちであり
ハリジャンのように一般的な価値観では測れない存在、
だからこそヒンズーにもイスラムにも縛られない神秘的な存在であり
その唄の歌詞は暗喩的で高踏な感じ?らしいの。


バウルとひと口に言っても、歌い手の力量も唄の種類も千差万別★
そして唄わないで修業だけしてるバウルもいるしそりゃ簡単には説明できんわなぁ。^^
お祭りで三日三晩唄い続ける様はカラオケ大会のようでもあり紅白歌合戦のようでもあり・・・?



微妙にタイトル違う文庫版あるみたいけど書き足しあるのカナ・・・?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム