散る花は影に抱かれて/六青みつみ


今回も受けちゃんは凄絶に凌辱されまくってますが
読み手であるアテシの方が鍛えられつつあるのか、はたまた「六青さんならさもありなん・・」と
心の準備がスタンバイOK!だったのか地雷が爆風呼びさますこたあありまへんどした☆^^

地雷原の中で踏むステップこそがスリル&サスペンスフルな快感てゆうか
どんな困難にもくじけず立ち向かう男の姿にこそモエは宿る、
それが最愛の受けを苦しめることであっても><。
(むしろ攻めを虐めるためなら受けを傷つけることもアリ?
もちろん二人で残酷な運命に立ち向かい打ち勝つ勇気前提で(^^♪)



さて今回は江戸前期、越後高田藩あたりが舞台の忍びモノ☆

夜見一族を率いる美貌の若君と彼が幼い頃預かった下人の家の倅という身分差モノでもあります。
前半(雑誌掲載分)はひたすらプラトニックで「兄者兄者」と懐いた若・夏月ちゃんのいとけなさと
逞しく成長していきながら己の劣情をひた隠しにしつつも夏月ちゃんの無自覚セクシーに翻弄される下人・忠影の
じれったい封建社会ゆえの陰湿な引き裂き描写が続きます・・・・
(だからこそただ一度の口づけがストイックに切なく輝くのですが)


ふほほ☆
後半(書きおろし分)は一転して謀略と裏切りの章♬
筆頭配下である男・春成に裏切られ忠影ともども捕らえられた夏月ちゃんは
重傷を負わされた忠影の目前でそりゃもー下劣に集団でいたぶられてしまうんどす☆

腹違いで種違いの兄二人(実際は従兄だけど托卵疑惑もあるのでほぼ他人?無能なくせに権力欲と色欲はイッチョマエ)が共犯で
主犯の春成と三人がかりで夏月ちゃんを犯しまくります。

夏月ちゃんもかわいいお顔で修業は積んでいるので並みの忍びよりははるかに強い子なのですが
忠影の治療を引き換えにされては舌を噛むこともできず
卑劣なおとこたちの慰み者になるしかなく・・・><。。。。。
媚薬を盛られ嫌がることほど面白がられる凌辱者たちに
次第に望むように淫乱なふるまいをするようにしつけられる夏月たん・・・はぁはぁ(*´Д`)
それを見守るしかない忠影の血を吐く苦しみ・・・きゃわ~、モエる!



この作品がステキなところは
たおやかで清廉な夏月たんがただ守られるだけの存在では無くて
脱出のきっかけをつくったのもそうだし三人のうちの一人を殺した実行力と
忍び集団の若きリーダーとしての責任感と統率力、

そして元々は優しい気性の忠影という男が
愛する夏月のために自分のような身分の低いものが近づいては敵の付け込む隙になる、と身を引いて
陰からそっと見守るだけで満足しようとしていた男が
夏月のためならどこまでも残酷な有能暗殺者に進化した過程ですわね。

脱走後のアヘン中毒を抜くためとPTSD治療?のための
二人だけの暮らしもよかった。
(夜は激しく求める夏月を抱き夏月が寝てる間に食糧確保や薬草探しに清拭・家事と
いつ忠影は寝るんやろ・・・と心配なるけど攻めには不可能を可能にする超人力がもとめられるのね^^)
このまま二人で逃げて平和に暮らすことも頭をよぎるけど
主君への忠義と里に対する責任感で任務復帰、二人の活躍で藩の膿を出し切ってお家安泰なのれす☆
メリエン厨歓喜(^^♪めでたしですのだ☆


それにしても「間に合わなかった攻め」シリーズと自ら銘打つ六青さんたら・・・
都合よく間に合ってしまうより間に合わない前提で?その後をいかに生き抜くかこそが人生の命題なんやろか・と
意識を新たにさせられたりさせられなかったり☆^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム