もてない男

もてない男―恋愛論を超えて (ちくま新書)もてない男―恋愛論を超えて (ちくま新書)
(1999/01)
小谷野 敦

商品詳細を見る



「モテ」についてまだまだ考えています。



つうか、ちよこはオンナだからそんなに困るほどモテない!><。・・・という実感はなかったけど
男だったら絶対KIRINだったろうなあ★という確信があります。




この筆者はモテない自分の恋愛弱者ぶりを
古今の文献から見つめなおしているわけですが、

この本で展開している論理や著者近影の写真からは
むしろ「モテに対する拒絶」のようなものを感じました。


「知的な美人と恋愛して結婚したい」と正直な希望を述べてはいますが
ストライクゾーンがかなり狭い(高望み?)な上、
ありのままの自分を受け入れてもらうんでなければ意味がない、といった
『美男の殿堂』のモテレクチャーを真っ向から否定した存在ですね。



・・・だからモテねんだよ!!というのは簡単ですが、
「どうでもいい相手にモテてもしょうがない」、という主張も潔癖な正論に思えました。




つうかその意味でモテる人、なんているのかなあ?


傍から見てモテモテでも、当人にとってどうでもいい相手しか寄ってこないなら
それもやはり「モテナイ」になるだろうし



そもそもヒトは「無理めLOVE」の十字架を背負ってるという・・・


高嶺の花にこそ惹かれる性質があるなら
手が届いてしまった瞬間に想いは醒める・・・?







それ以前に異性をその気にさせるコミュニュケーションスキルが低いために
恋愛弱者に甘んじていることを嘆いていますが








そもそも現代日本社会の孤独さは異常に思えるんですよね、腐嬢なんかは★


「ブラジルでは目が合ったらヤレるらしい」なんちゅう噂を耳にしたことがあるけど^^



恋愛だけじゃなく友達も作りにくい世の中で
家族のつながりも希薄な現代の構造は
なんらかの陰謀?が図られた結果なんではないのか!?・・・とすら疑っているアテシなの。






それもこれも「恋愛幻想」にとらわれた結果なんじゃ?とかね。洗脳されてる気。
スポンサーサイト
プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム