SK8R’S 1/トジツキ ハジメ

 (ビッグコミックス)SK8R’S 1 (ビッグコミックス)
(2014/03/28)


商品詳細を見る


トジツキさんのスケボー漫画読んだ☆(非BL)

つか、この文字列は「カナさん」かな?BLコミクスのあとがきかなんかで見たけどこの作品のタイトルだったのね!と
実物目にしてやっと知ったの。(情報おっそ★)


読後の感想は なんだコレ、カッケー!!!^^以外に無いですが
青年誌に引き抜かれるBL作家って実力折り紙つきな方だわなあ、と再認識。
作家としては好きじゃない方もいるけどプロとしての責任は果たしてるんでね?納期とか??



さて、このお話は
道端でヒゲヅラドレッドの怪しい男(プロスケーター?)の滑りを見て魅了された少年・アキオが
その男に弟子入り?してスケートボードをはじめ
メキメキと実力を伸ばしていく成長譚です。

とにかく静止画でありながら疾走感パネエ画力が読者の眼を惹きます♪
漫画なんだから現実には実現不可能な技でもできないことはないはずなのに
きっと世の中にはこなことでけるおヒトがおるんやべなあ・それはきっと神業といわれるレベルの難度なんべなあ・・・と
アチシにすらわからせる表現・つか。^^


師匠としたう男が去り
すぐさま帰国子女の友人(デブで金持ちのスケオタ)と知り合い
知識と情報を得て成長していくアキオ。
福久助(デブ)がUPした動画をきっかけにスケート仲間を増やしていくが・・・・・?




続き楽しみ!もう3巻出るの?

がんばれアキオ!師匠を追越せ!^^

スポンサーサイト

僕と彼女と先輩の話 /トジツキ ハジメ

僕と彼女と先輩の話 (ウィングス・コミックス)僕と彼女と先輩の話 (ウィングス・コミックス)
(2011/05/25)


商品詳細を見る


俺と彼女と先生の話の続編、てかその前の話。


前作で死んだ姉を復活させようとしていた「先生」が「僕」です。

代々女だけが早死にする家系の鈴木一乙(かずお=僕)。
彼女たちは避雷針のように男たちの不幸を身に受ける、災厄の巫女。
最愛の姉をそうさせないためにできることを模索する。


はい、この「僕」があやしい風情の先輩と知り合うんですが
このシトがもー現代の安倍晴明か、っつうほどの式神の使い手にして
あやしい力を更にもとめるあやしい人物★
四肢をバラバラに埋められた上人?の腕を偶然手に入れ
そのすべてのパーツを揃えれば同じ力が得られるのだと言う。(平将門みてえな)

その力があれば「僕」の家の呪いを解き、姉を守れる・・・?

神社の娘でさまざまなものを見通す力を持つ「彼女」の心配をよそに
あぶない橋を渡ろうとする彼らだった・・・。




一冊目はなにがなにやら・・・?でサッパリわからんままに読まされてた部分が
次々に解き明かされていく爽快感と
不思議と不気味のホラーヴィジュアルがぞわぞわさせながら
ぐいぐいとその世界に惹きこまれていきました♪

近年マンネリ気味?な「百鬼夜行抄」より良かったとまで思った。^^



この巻で過去に遡ったことで原因をつきとめ、
次に出る(これから描く予定?)本でまた一冊目の時間軸に戻ってその応報を見せてくれるようです。



ホラーはどっちかというと苦手なんやけど
かなり本格的に怖い話なのにそれ以上に謎解きの面白さがあるっていうか
トジツキさんの乾いた雰囲気が魅力でしたの☆次巻期待!

さきっちょだけでも/トジツキハジメ

 (バンブーコミックス 麗人セレクション)さきっちょだけでも (バンブーコミックス 麗人セレクション)
(2010/10/27)
トジツキ ハジメ

商品詳細を見る


発売前からそのセンセーショナル?なタイトルに心惹かれてはおったのやけど、ようやく読めた☆


期待した以上に期待通りのタイトルセンスだったので^^
ゲロ嬉しかったよ!
『マジメにバカにとりくみました。ゲイゲイしく!』だってさァ。ぎゃっはー!!


表紙とタイトルがかみあわなかったことがこの本に手を出すことを躊躇させたんやけど
この龍は和彫りデザインのイレズミで、
この龍を全身にまとわりつかせた青年・龍造に恋した造形科の学生・徳治が
妄想のままに等身大フィギュア?にエロパッションを昇華していくお話です☆^^

芸術のモチベーションつうか
恋愛のわけわかんなさみたいなイキオイが
みずみずしくド変態なホモホモしいガチゲイ風味に表現されてますわ♪

妄想は時に真実以上!の価値があると思うよ・・・☆^^




ところでこの本には2007~2010年に描かれた作品が収録されてんですが
アテシは2007年当時の絵柄が一番好きやわ~☆「獅子座の男」もこの頃?
この研究者キャラの造形デザイン(人を見下したような笑い方がセクシー^^)もいいし。

でも2008年はほとんどBLから離れ
帰ってきたときにはすっかりラッパー&坊主フェチ?になられとったのね><。
そんなニーズ皆無なのに!(←多分)


そんなわが道をイキまくるトジツキさんの野蛮に魅了されっぱなしですわん☆^^
好き放題暴れてほしい・・・!

蝶尾

蝶尾 (GUSH COMICS)蝶尾 (GUSH COMICS)
(2011/05/10)
トジツキ ハジメ

商品詳細を見る



トジツキさんは特別スキ!・・・って作家じゃないけど

現代漫画界において特別な存在だナァ、と思います☆^^




タイトル作は作家の先生のところで飼われている金魚(蝶の様な尾びれを持つ品種=蝶尾)が
作家が思いを寄せる青年編集の姿で現れる、というファンタジー。
日本家屋と和服のエロスが文学的すなあ♪^^



巻末に収録されたペットエッセイ連載「ウサマン」も楽しかった(あとがきテンション増量風味)けろ



「The day was not fine」というかくれんぼBL?がなんかドキドキした☆^^

人間離れした伝説?を持つ院生・シシクラサスケに一目ぼれしたクォーター青年・戸枝。
天才的頭脳と超人的な体力を持つ美坊主・獅子倉は趣味と実益?(要参加費)でかくれんぼを開催している。
その名もクラブKRB。
期限一週間で獅子倉をつかまえた者には博士課程への近道を約束された?シシクラノートが貸与される☆

自分のときめきが恋なのか確かめたい戸枝はKRBに参加する!


トジツキさんお得意のB系ファッション男子たちが駆け回っております。^^
これで最高学府(?)のインテリたちだと思うと楽しいですね。


「想像できることは実現可能なんだよ」
そう言い切る獅子倉センパイにクラクラ来ました♪



「ロザリオス」と「アトリエ」はそれぞれ世界が独特で
ここで終わるのが惜しい印象れした><。

俺と彼女と先生の話

俺と彼女と先生の話 (WINGS COMICS)俺と彼女と先生の話 (WINGS COMICS)
(2009/11/25)
トジツキ ハジメ

商品詳細を見る



not BL。


百鬼夜行系の人外ファンタジー。



彼女と先生が姪叔父の関係で
死んだ姉を呼び戻そうとする叔父を止めようとする姪と
それに巻き込まれた俺、という位置関係。(かな?)


異界とを行き来するカゲロウの異形を茶の湯でもてなすシーンや
死んだ姉の半分(魂の半分?)をこの世に留める手段のくい打ちなど
静かな不気味さが美しく感じられました☆


「俺」も普段はこんなラップ系なコンビニ店員で
その実茶道跡取りだったり
お嬢様校に通う「彼女」が愛想のカケラもない
「先生」はなんの先生なんだか・・・・

なのに不思議なバランスが魅力で。



ステキな一冊でした。フェバリット☆
プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム