らも―中島らもとの三十五年/中島美代子


らもの嫁はんからの暴露本。

こんげな本が出ておったとは・・・!
らもは宝島で「啓蒙かまぼこ新聞」を見たときから好きで
その後「明るい悩み相談室」でその人気を不動のものとされ
作家としての活動や劇団リリパットアーミーでの活躍やら
チチ松村さんとのらもチチやらのジョイントなどなど音楽活動といったマルチな才能、
「アマリタ・パンセリナ」にも描かれていた薬物への親和性やらで
52歳の生涯を閉じられるまでのムチャクチャな人生を
人生の伴走者であった美代子夫人からの視点で。

読みたくなかった気持ちと読んでよかった気持ちが拮抗するなあ、
衝撃的であり納得のネタバラシでもあるそんな一冊。


↓答え合わせ的?ネタバレ

続きを読む

スポンサーサイト

だから直接聞いてみた/鮫肌文殊 山名宏和

爆笑ノンフィクション・とあったので期待したら全く笑えなくて失望><。


鮫肌文殊と言えば「VOW!」とかの宝島世代には大人気の売れっ子放送作家だったのになあ★
堕ちたる巨星・・とゆうたら大げさか?


この本は「ささやかな疑問をいちいち電話して聞いてみよう!」という企画で
誰しも抱く「これってなんだろう・」というわざわざ聞くほどじゃないけど・な問題をあえて聞いてみる。
企画そのものは悪くないのかもしれないけれど質問自体が愚劣でウィットを感じないのが問題・大問題!

うまい質問をして企業のいわんことを伝えつつ読者の知的興味を引ける答えを引き出せたら
「生協の白石さん」くらいの名著になってたか知らんのにモッタイナイ。
これだとクレーマーすれすれの?むしろ悪意すら感じかねない業務妨害とすら言えるかも><。



読んでるうちに大嫌いな昨今のTV事情を憂いだしました・・・・。
(↓以下、いわゆる「丸投げ番組」批判★)

続きを読む

幕末日本のクーデター―錦旗に刻印された官軍の野望/星亮一


明治維新というクーデター/星亮一を読んで戊辰戦争の全体像が鳥瞰できた気がしたけど

こっちはまたその一回りスケールが広がった・というか
ペリー来航~日米敗戦までの総括の様相で・・・・

歴史の授業では駆け足ではしょられてしまいがちな部分?ではあるけど
むしろそこんところが一番大事な現代日本の成り立ちなはずなのに
ある意味すんごく説明しづらい矛盾のかたまりだったわけで><。


つーかEDちんこの様にやわらかめなアテシのおミソでは理解しにくい硬い文章らったから読みにくかったのけど

井伊直弼が惨殺された桜田門外の変
岩倉具視が女官だった姪に毒を盛らせた・と噂された?孝明天皇崩御が歴史のターニングポイントかと★


これまでに見たドラマとかでは井伊直弼は漢奸天誅?と悪者のように描かれてた記憶けど
井伊直弼自身は開国派っつうか諸外国の圧力に屈して日米和親条約を結んだことを憎まれてたわけで、
でもそもそも他の道を選ぶことが可能だったのか・と。
むしろ情勢が見えてた有能だったからこそ井伊大老は革命的な英断を憎まれた??ぽい。
今でいえば総理大臣が国会議事堂に向かうところで殺されたようなものというテロリズムなわけで・・・


アベガーていう人種と錯視してしまいそうやけど
誰かを悪者にすることで自分を正義の位置につけたがってる輩ほどうんざりするものはないな・と。
善悪二元論はあまりにうすっぺらく誰かを不幸にすればその分自分が幸福になれるとでも思ってるのかと><。





孝明天皇は明治天皇のパパで幕末最後の天皇、
降嫁した和宮のお兄ちゃんらったそうやけど
佐幕派で幕府の味方、力を合わせて国難を乗り越えようって立場。
(のわりに幕府に「なんとかしろ」っていうだけで決断できない男?)

倒幕を目論む薩長連合には邪魔な存在で彼がこのタイミングで死ななかったら
朝廷は幕府もろとも廃止されてたかも・・・?フランスやロシアの王族が根絶やしにされたように・・・。



それがうまいこと傀儡として利用できたから軍部は暴走したり
責任は「陛下のご聖断」に被けて勝手ができたんじゃね?というのが星さんの視点。

そうかもねー。
アテシも常々皇族ってセレブというよりスレイヴじゃね?って気がしてたのけど。
(だって基本的人権も剥奪されてるし監視されてるみたいで可哀相!自由にしたげて・・・)
人柱みたいな存在やなあ、と。



大きなうねりのような歴史をあーすればこーすればと考えても
人間の力やましてや個人がどうこうできないのかもしれないけれど
それでも少しでもマシな方向に舵取りしたいのが人間だし歴史の事実からは学べることが多い・・・と
歴史オンチですらそう思ったりした一冊どした。うう~ん!(知恵熱)

最強の農起業!/畔柳 茂樹


元・デンソーの社員だった筆者がまるで畑違いの農業で成功したそのノウハウを惜しげもなく晒した本。


3Kで儲からない、先細りの斜陽産業と言われ続けてきた農業。
そのイメージを一新する革命的な本やと思う。



農業ってやり方によってはすごく儲かるもののような気がするのに
なんか暗雲というか未来の無さ?モテない・カッコ悪いという決めつけは誰がレッテル貼ってるのか><。

実際食えてない、労力のわりに儲からないのはなぜなのか・そこにスポット。

工夫とコストカット・アイディア次第で効率化する方法を具体的に
ブルーベリーの観光農園で説明します。


ニーズを掘り起こし開拓することができればそこは何を代入してもうまく行きそうやんなあ。^^
どじょうを狙って次々参入してくるだろうから常に研鑽・新たなアイディアは必要にしても
よその後追いやJA・種屋の言うがままという受け身の立場じゃいつまでも利益は膨らまないのなあ><。



日本のGDPは世界三位だけどこれは人口ボーナスで
一人当たりに換算すると22位に転落する、って目ウロコ☆
(先進国の中では最低水準)

補助金漬けで死に体?高齢化の農業だからこそ今なら思い切ったことが出来る・かもね。^^夢ある!


それにしてもここで紹介してるブルべり大きくて(500円玉サイズ!)美味しそう。
ウチにも一本植えようかにゃあ?^^
(あれ?藪化するから植えたらいけないリストに入ってなかったっけ??)

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰/池田貴将


今となってはテロリストの親玉にしか思えなくなってしまった松陰センセイどすが

それでも死後にまで影響力を残すその言葉にはどれだけの熱気が宿ってるのか・・・と興味を持ったものの
完全に本を選び損ねた・というか

日めくりカレンダースタイル?で
一行ほどの言葉を勝手に解説してるだけ・ゆうか、
超訳とつければなんでも許されるわけじゃなかろ・・・と思いましたの><。


前後が見えないと言葉の印象はまるで変わるものだし
マスゴミの印象操作に似た手前勝手を感じてムカ☆イラ★あかんやろこれ!
プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム