死にたがりと雲雀(第一回)/山中ヒコ

ARIA (アリア) 2014年 02月号 [雑誌]ARIA (アリア) 2014年 02月号 [雑誌]
(2013/12/28)
不明

商品詳細を見る



ヒコさんの新連載に目を留めてしまいますた☆
またまたド傑作の予感!

ARIAのページちっ・・・試し読みナシか★



時は江戸。
ふらりと流れてきた浪人・朽木が寺子屋を開き
そこに通うようになった中の一人である少女・雲雀との物語です。



第一回から号泣レベル!

続きを読む

スポンサーサイト

500年の営み/ 山中 ヒコ

(Feelコミックス オンブルー)500年の営み (Feelコミックス オンブルー)
(2012/07/25)


商品詳細を見る


通読。

雑誌である程度は読んでたけぞ、唐突なお話でちょっと戸惑い。→一話の感想コチラ


通して読めばわかる部分もあるかな?・・と期待したけど
アテシには理解できなかったス><。ヒコさんが何を言いたかったのかが。

死んで楽になることの許されない、逆境に流されない愛・・・とかかな?



つうかこの受けは元の攻めが死んでしまったのに殉ずるほど好きだったはずなのに
いちど受け入れた?攻めコピーロボ(あんま似てないB品)に執着?したのが
もっとデキのいいAコピーより
自分が選んだことへのこだわり?つう意味では理解できないではないけんど


元々で言うたら受け両親が罪滅ぼし?で
受けの延命と攻めコピーを巨費を投じてまで用意して・・・・
でもそれは別に受けが望んだことではなく><。。

むしろ本人の立場からすればイヤガラセレベルの行為ですらあるわけだけど
親不孝をしてしまった両親の気持ちも無碍にもできず
監視される中では自傷すらままならず・・・・?



う~ん、B品コピーでも一人じゃないことのありがたさ、
B品なりに自分につくしてくれることの愛しさ?から受け入れた途端に
「A品お待たせ~☆」ってされてもそりゃ反撥するべや★




ふたたびの目覚めがまた250年後って
幸運よりも彷徨えるオランダ人かよ・・・って呪いに近い苦難じゃね?







つか、こないさのフラワーズに掲載された話も暗黒近未来?ぽい
救いが見えないお話っぽかったけど・・・戦下の日本に生きる、無力な少年たちの絶望?

(モバイル配信中らしい→バジリスクの道


どうもアテシの好みからは外れてきたような?


・・・モエさしておくんなまし!><。

王子様と灰色の日々(2) /山中ヒコ

王子様と灰色の日々(2) (KCx(ARIA))王子様と灰色の日々(2) (KCx(ARIA))
(2012/05/07)
山中 ヒコ

商品詳細を見る


一巻の感想は→コチラ

二巻は逃げ出した女装御曹司・至のターン?

幼いころから叶わぬことのなかった至少年。
ガキ大将で暴君で、それでもみんな至の味方をした。
(スカートめくりをしても「至くんならいいよ^^☆」と嬉しげな女子たち)
怖いものなんかなにもなかった。・・・その時までは。


ハイ、セフレ?の女の子がひっきりなしだった至ですが
その忘れ物の衣類をなにげに身に着けたことから女装の楽しさに目覚めてしまいます・・・!^^
財閥の跡取りとしてのプレッシャーから逃げるためでしょうか、
「ただのかわいい女の子」になれば自由を得られると錯覚・・・?哀しいですね★><。


家出した至はとあるゲイバーに身を寄せるのですが
傲慢な態度をあらためさせるママさんのセリフが秀逸ですわ~☆
自分を大事にしないと綺麗になんかなれっこないわ
自分を大事にしてちょうだい
そしたらあんたは誰より綺麗になれるわ


ゲイバーの面々がちゃんと?ブサイクぞろいなのに愛らしい印象なのもヒコさんさすが!^^

女装を謳歌していた至の前に、ある日下僕だった信也があらわれて(探してたみたい)平穏が崩される・・・!
一方、至に成りすましていた敦子もパーティ会場で成金王子・大吾に正体を見破られ・・・・?


はいー、サスペンシブルな展開になってキマシタ!^^
見た目紳士の大吾の底知れなさ?にぞくぞくします。(ジェントルドS?)
敦子チャンが至と真逆の良い子なのが痛々しいです★
三巻早く読みたい!
王子様と灰色の日々(3) (KCx(ARIA))王子様と灰色の日々(3) (KCx(ARIA))
(2012/11/07)
山中 ヒコ

商品詳細を見る




ただちょっと気になったのが・・・

続きを読む

たまおちゃん

ク○ーズZEROの同人誌げと☆

続きを読む

王子様と灰色の日々(1)

 
王子様と灰色の日々(1) (KCx ARIA)王子様と灰色の日々(1) (KCx ARIA)
(2011/10/07)
山中 ヒコ

商品詳細を見る


届いたった☆おもろかった☆^^



少女漫画ですお!^^




あらすじ
父子家庭で飲んだくれの父と極貧暮らしをしている敦子。
成績はトップだがデカくて無愛想な敦子は学校で虐められていた。

バイトもできず、生活費もくれない父のため
援助交際スレスレのこづかい稼ぎを繰り返す敦子は
ある日3人の少年に豪邸に連れ込まれる><。
浮世離れした三人は、豪邸の主人である至(王子?)とその取り巻きである遼と信也。

至は自分と背格好が似た敦子を面白がり、服を換えて遊んだり☆

数日後、敦子の前に現れた遼は失踪した至の身代わりを命じてくる・・・!



はい、『王子と乞食』の男女版ですわね☆^^
巨大企業の跡継ぎである至は好き勝手に生きてるように見えましたが
実は女装趣味?(性同一障害?)があり、お家の重責を背負わされるのを嫌って逃げたんですね><。

遼が実は至の異母兄だったり、
はじめて親切にされた異性として意識していた信也が至に片思い?してたりと
ジェットコースターな展開です☆^^

男の花園(?)に男装した女が紛れる・・・ってなんかそんな話あったよなー、って思うけろ
さすがヒコさんにかかると峻烈で鮮やか!


敦子ちゃんがトコトン可哀想でせつねえれす><。

読む前は敦子パパがお人よしのドヘタレ(エンドゲ-ムの透みてえな)でビンボーなのかと思ったら
ヘタレっちゃーヘタレかもしんないけろ娘を売り飛ばすことも躊躇わないようなどちくしょうらったので絶望すた><。



はてさてこんな状況でも初めて感謝され求められる存在になれたことが嬉しい敦子ちゃんは幸せになれるんでしょうか?

待て次巻!
プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム