カルト村  二冊/高田かや



ヤマギシ育ちのコが本人目線で描いたエッセイすな☆
興味はあったけろ絵も地味だし立ち位置もわからなかったので「どうしても!」と読みたい本では・・・。

図書館で見かけて早速読んでみた。(案外コミックエッセイなら収集する傾向みたい近年^^)
とても素直で正直な描かれ方をしてるように思えたす。


子どもたちは親元から離されて集団生活、
一日二食でいつもお腹を減らしてるとか概ね知ってることばかりだけれど
本人たちがそれをどう感じていたかは当人にしかわからないことだしね。

かやちゃんは頑固なほど素直で?会が導きたい方にはなかなか行かなかったコです。
つーか会の運営者たちはよかれと理想社会をつくろうと目指したんろうけど
人間には我欲があるしそれをキレイごとで塗りつぶそうとしたところでどこかしらからほつれていくのが現実の矛盾よのう><。

だけどそれを会への恨みにすり替えないのが
一般社会の読者にもわかりやすいカタチで表現したのがこの本のお手柄と思います♪

続きを読む

スポンサーサイト

高倉くんには難しい 2 /一條マサヒデ サブリック


二巻着☆


高倉くんはいつだってガムシャラです。
その我武者羅さが文化庁にも届いたのだと思います(^^♪
(メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出)


高倉くんは動物好き。
なのに動物たちからは不審人物?として嫌われてしまうお話が切なかった><。
いつもいつも、誠実であろうと人一倍切磋してるのに・・・★
その努力が異次元の方向にいってしまってる残念さがこの作品のキモで
あざとすぎる場面もないではないけれど?
憎みきれないロクデナシな高倉くんから目が離せない・・・!

(ネタが薄まる危険性あるからあまり長期連載ならないでホシイ)

それでも猫は出かけていく/ハルノ宵子


おろろ!こんげな本が☆


ハルノさんは「アスリエル物語」や「プロジェクト魔王」などで漫画家としてご活躍、(それもJUNE出身
吉本隆明の娘にしてばななの姉、として有名なお方!
動物好き&お料理上手でおもてなし達人とも漏れ聞いておりあんしたが
ご両親と保護猫のお世話をされてたようですわ。

「猫びより」という雑誌に八年間、シモのお世話が必要なシロミちゃんを中心に内猫・外猫の面倒を見
猫クレーマーとの闘いやご両親を見送り自らも乳がん切除などの激動を。

あくまで猫雑誌なので猫話題以外はさらりと書かれてますが
長女とはいえ老親の看取りまでやりとげ
猫たちもほとんどが問題あり病モチばかりのコだらけで壮絶です><。
(本当の猫好きは難ありほどかわいがるというけど比べたらアテシはただの「自分ちの猫好き」でしか・・・)


猫嫌いな人の言い分もわかるから「こんなに生きたがってる子たちを見逃せ」というのは猫好きのエゴ?にも思えるし
お金や手間をかけた子があっさり死んでしまうことの無常観やら・・・
ネコとヒトとの関係に正解は無いのかもしれないけれど獣医やボランティアさんたちの草の根運動の尊さ★
自己満足と言わば言え、って感じでしょうか。


ハルノさんの家の猫はもとが保護猫・外猫がほとんどということもあって
内外で入り自由が当たり前!という意識の子ばかり。
それで病気をもらったり嫌いな人に迫害されたりは茶飯事で悩ましいです。

アレルギーの人もおらっしゃろうし猫毛やフンに悩まされない清潔な暮らしを望むことも当然の人権と思うので
永遠にわかりあえないのは宗教以上に根深いのかも><。

続きを読む

ダンス・ダンス・ダンスール 9/ジョージ朝倉


9巻もめっきり面白い☆^^


生川のスカラシップかかった子供バレエも大成功、
潤平が次に目指すのはYAGP。
留学して団を飛び出すつもりの夏姫に対し出場はあくまでも力試しとひも付き援助?を受けることになる潤平。

・・・ここで金の話になるのがこの作品の厭らしさで面白さですね(^^♪

コンクールに出るだけでも100万前後の金が動くことの現実を白日に。
文化って金がかかる><。


結局お金がなければ才能だけあっても無駄で
逆に金も引っ張れない程度の才能ではアマチュアのお遊びということかの?

潤平も流鶯も無から有を生み出せるからホンモノ、という描かれ方をしとりんす★


この巻でいっち好きな表現は、潤平のイマジナリーフレンド?タルパ?的な対話相手として
憧れのニコラス・ブランコを生み出しちゃうところな。
他全ての師の教えがすべて潤平の中に生きている・ところ。

ますます背も伸びて巨乳同級生とのつきあいすらも色男修行の糧?にしそうな潤平です。



ところが目標にしていた流鶯はYAGPにはおらず彼はロシアに?
夏姫との格の違いまで見せつけられて潤平は・・・・?


次10巻では元カノ・都との交差と潤平バジルのダンスシーンか。あああ楽しみ☆


流鶯と都の会話シーンも二人が出会った頃の子供姿なのがおやげなかったわあ><。
よるべない世界で互いだけしかいない孤独感。
鳥は飛ぶために前足を捧げたわけでバレエのために二人が失ったものは・・・・?

千鶴先生と美鶴ママの過去シーンも衝撃的どしたわ。あん!



ダンジョン飯 6巻/久井諒子


六巻到着☆

ヘンテコ料理要素が少なくなってきたのは残念けれど
やっぱり久井さんの深い構成力があらゆる伏線を張り巡らしまくりそれをしっかり活用してて大変面白い。^^

この巻ではシュローとライオスの殴り合いのシーンと
シェイプシフターという魔物による分身の術?で偽者が増えた中から間違い探しのように本物を見つける過程がすげかった。

微妙な違い~一目で違いがわかる差異はそれぞれの意識しているもので
どれが誰にとっての虚像なのかがしっかり設定設計されてるらしく・・・
ちょっとアチクシにはそれが誰によるものなのか明言できないけど何度か読み返したらわかるようになるのかなあ?
そんな深い味わい方ができるのがこの作品の緻密さよのう♬

ファリンに求婚したほどのシュローがその兄であるライオスの無神経さ・ガサツさを苦手に思ってたのに
ライオス本人は初めてできた親友だ!!!と懐きまくっていたのだ・とか、残酷な関係ねえ・・・^^;
(両親からも見放され学校や兵隊でもぼっちだった魔物オタクゆえ?)
その二人を結んだ「虫愛ずる姫」・ファリン。
マルシルにも好かれてたし兄妹関係も相互に結び合ってて、
シュローとはまだ距離を埋めきってはいなかった片思い状態?だったけど
(そもそも口説く前にプロポーズしちゃう不器用さ^^)
そんなキーパーソンだった優しいファリンがあんげなことに・・・・><。


そんな妹との再会シーンですごくかっこいいと思ってしまうのがライオスらしい・・・★


シュローチームからとらばーゆしてきた猫娘も加わってさらに深いダンジョンへ。
やむにやまれぬ状況だったとはいえ黒魔法に手を染めたライオスたちはもはや迷宮の主を倒す道しか残されておらず・・・・。

長い旅になりそうです。ふう。
プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム