レベレーション(啓示)(1)/山岸凉子


ジャンヌダルクを描いたこの作品も手をつけちゃいました☆


不穏・不穏!

処刑直前のジャンヌの回想から始まるドラマで
当時の貧しい農民たちの暮らしをガッツリ描いてて読んでてつろうございますわ><。

美人の姉が意に添わぬ結婚をして婚家で虐めぬかれたあげく死んでしまったり
ジャンヌもまた嫌いな男の嫁になるかあるいは世間に後ろ指さされてもなすべきことをするべきなのか・・・?と揺れる乙女心。

ジャンヌは精神疾患?ヒステリー説?もあるけれど
可憐な少女として人一倍敬虔につとめる彼女がこのあと歴史を動かし運命に翻弄される姿を想像すると胸締め付けられます★

ジルドレとかどんげな風に描かれるか楽しみすな!^^宮脇作品とも比較したし♪

一巻はまだジャンヌが啓示を受けるまでだけど
現在発行コミックスは二巻までか、全何巻になるかなー。
スポンサーサイト

山岸凉子という(異形の?)天才

いや、マジで考えてたら次の紫綬勲章を受ける最有力候補はおリョー様しか考えられん!のですが★^^


つうか24年組以降にも人気実力備えた作家、売り上げ累計とんでもねー方々が大勢おらっしゃるども
マンガの歴史をつくってきた方、誰もが知ってる圧倒的な認知度、
それに新たな読者を開拓してきた功績度なんかを考えると
それ以降の若手作家にはあまりにもハードル高い気が><。

現在の出版業界のお寒さ・つうか
優れた作品はあってもそれが必ずしもみんなが読んでる状況にはなりにくいのは
読者数に対して作品コンテンツが多すぎる過剰供給状態であるのが一番の要因であって

読者からすればより自分好みの作品を選べる余地がある豊穣に他ならねども
書き手からしたら名作古典を凌駕するほどの新作を常に求められている状態からの群雄割拠で
これから目指す職業としてはあまり割りがいいとも思えない状況だものなあ・・・・。しょっぱい!


なのに大物ほどなかなか引退しなくて?若手は頭がつかえちゃってるんじゃあないかな?
おリョー様もまた大作っぽい歴史モノ描き始めちゃってなさるし・・・^^

続きを読む

山岸凉子画集:光 (てらす)


お涼サマのイラスト集が図書館にあった!
去年出てたんだ、シラナンダ★

ちょうど夕方のにうすで社会科の教科書表記が
聖徳太子→厩戸王に変更なるよ!(聖徳太子は死後のおくり名?)て聞いたトコでページを開く。


はわ~ん(^^♪やっぱしふつくしい☆彡
ほぼリアルタイムで見てきた絵が多かったけんじょ
こんなに細かいところまで細密に・鮮やかに描かれてきたんやなあ!と再評価。
日本画や洋画のタッチを取り入れつつ漫画の表現世界を向上させてこられたお方(崇拝)。

日処天もよかったけろ人間の心理の闇を描いた短編作も怖いけど繰り返し読んだナア。
けっこコンスタントにお仕事されてた印象あるけどスランプだった時期もあるんや・・・。


カラー画もたっぷりと収録されておるが巻末のインタビュー&対談(中島らも!)なんかも読みごたえあったわん♫

やたら紙質ばっかり良くてページ数少ない画集(複製画的な?)より
片手で持っても苦じゃないくらいの重さで質・量満足なコスパいい本の方が好きなので
これなら自分で持っててもいいかも・・・とドケチの財布がゆるみかける内容でござった。キュッキュッ☆

舞姫(テレプシコーラ) 第2部1-5巻 /山岸涼子


本棚整理中に見かけてつい再読。たちまち夢中になり読み通しちゃった★

一部は千花ちゃんが死ぬところがつらくてナカナカ覚悟がいるけど
二部も誰かしら病気のシーンが多くて重い印象ながら
最終的にはみんな幸せでよかった☆^^

空美ちゃんがね・・・・あんなつらい状況から才能に恵まれたとはいえ陽のあたる場所にいけたのは
どんなウルトラCかとは思うけれど本当によかった!
あの哀惜な個性も切ねえ体験をしてきたからこその財産?になってるところとかね・・・。
(六花ちゃんにとっての千花ちゃんも?)

熱で踊れなくなった六花の意を汲んでローラが踊るシーンの阿吽に
コレオグラファー&ダンサーとして花開くであろう二人を予感させる手腕とかね・・・・
お涼さまったらブラヴォーすぎる☆^^



今連載中の作品はジャンヌ・ダルクだっけ?


残酷な結末を知ってるだけに読むに勇気いるわ><。。。

ゲッシング・ゲーム/山岸 凉子

 (セブンティーンコミックス 71)ゲッシング・ゲーム (セブンティーンコミックス 71)
(1977/06/10)


商品詳細を見る


日本BL史において無視できない重要作品なのにこれまでちゃんと語ったことがない気がしたのでとりあげてみました☆
(ちゃんと語れるかは自信ないが^^;)


はい、ミシェル・デュトワのものがたりですわ♪
今手元に現物ないので(魔窟を掘り返せば出てくると思うんけど><)
アチシのおろそかな記憶だけで語るので間違ってるところがあったらごめんやす・・・!

続きを読む

プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム