恋の病が重すぎて/名倉和希


愛に目覚めてこうなったがトップクラスに大好きで

スピンオフっぽいタイトル?のこちらも読みました☆^^


直接共通するキャラは出てこないけれど雰囲気は近いかな?
楽しいアホアホBLでした🎶


サムライ系・浩輔×プリンス系・一樹のイケメンリーマン同僚ラブです。
化粧品会社勤務で回りは女性だらけですが仕事に燃える彼女たちは男漁りには興味ないみたい^^;

そして浩輔はその昔「二丁目の暴れん棒」と呼ばれるほどのヤンチャな性春送ったヤリチンゲイでしたが
入社式で一樹に一目ぼれしてからは品行方正な紳士たろうとつとめてきたオトコ。
草食系で恋愛にガツガツいけない一樹も「こんな男になりたい」と憧れるオトコからの真摯なアプローチにほだされます。

熱々の付き合いはじめなのに残酷な辞令は二人を引き離し遠距離恋愛に。

元ノンケの一樹に嫌われるのが怖くてアレもコレもまだなのに・・・!ジーザス!!、という話。^^



本当はド助平なのに最愛の恋人に打ち明けられない浩輔が滑稽です。^^
一樹はアナルセックスくらいはどんとこい!と覚悟決めてるのに・・・。



誤解→ドゲザーからの→ラブラブ絶倫せっくすのやりとりをもっと長回しでみたかったわん★
惚れ切っちゃってる浩輔の全面降伏ぶり、別れ話なんかされたら「殺す気か」って生殺与奪は受けにあり・なのね。


RCの曲で『僕を泣かせたいなら夜更けに悲しい嘘をつけばいい』と歌った曲があるけど
このことなんだなあ・と。

Oh! Baby (LIVE) / LOVE PSYCHEDELICO youtube
↑ステキなカバー演奏めっけた☆彡
スポンサーサイト

戸籍係の王子様/名倉和希


華やかな美貌の持ち主ではあるけれど
幼少期のイジメや思春期の恋愛の失敗などですっかり臆病になってしまったクォーター受けが
男前なバツイチシングルパパである任侠親分攻めに見初められてシワワセになるお話☆


893の描写がBLチンチラ風味ではあるけど
腕カバーがミスマッチする受けが押しに弱くてアタフタする姿がえれえ可愛かった(^^♪

親分も子煩悩なよきパパでありシブい大人の色気の持ち主、
娘も無邪気なようで大物風な園児で
二人に気に入られた受けが孤独を癒されてよかったのら。


う~ん、この受けって女子だったら糠味噌臭いと言われそうなタイプで
芸能人並みに華やかな美貌に惹かれて寄ってくる輩には失望されてしまって
自己嫌悪で委縮しちゃってたのね、カワイソ!
女だけじゃなく男にも強引にでられて拒否れなかった過去もあるのでバージンじゃなかったりするけど
女だったらもっと好き放題踏みにじられてたかも・・・・?と心配になりんす。

そんな頼りなさ・儚さもほっとけない要素で親分に愛された?
将来娘と取り合いになりそうな不穏さすら楽しいBLノベルどした♬

高城たくみさんのイラストも魅力的どすえ!^^

きのこの谷の、その向こう/名倉和希


猫に真珠て・・・!

BL作家のイマジネーションはどこまで豊かなんだぜ★^^

続きを読む

殴らないでください/名倉 和希

 (ショコラ文庫)殴らないでください (ショコラ文庫)
(2013/08/10)


商品詳細を見る


タイトルを見てDVものかしら・・・?て一瞬オモタ★
(おげれつたなかさんの新連載が同棲相手に暴力振るわれてる子だったし・・・><。)


殴られてるのは大柄で打たれ強い攻め社長・向坂でした。^^
取引相手の営業・龍紀に一目ぼれして
「ゲイじゃないんで男は無理」ってハッキリ断ってるのに
諦めきれずにしつこくしてしまい→殴られっちゃってマス★

いやー、一歩間違えばパワハラ・セクハラ・つきまとい?の三拍子ですが
なにしろ温和な大型犬のような向坂は
殴られても蹴飛ばされてもご主人様すきすき!と顔をヨダレまみれにしてしまう
レトリーバーのようにまとわりつくので龍紀も憎みきれず、いつしか・・・・・?^^


んなバカな!なBLファンタジーですが
龍紀をオトすためなら土下座でも泣き落としでも手段を選ばず
暴力は苦手なのに龍紀に無視されるよりは殴られる方がマシだし
息子をオカマ呼ばわりする龍紀パパ(空手師範)にはボコボコにされることも畏れず立ち向かうのです!
龍紀の名誉のために♪^^


龍紀もそのかわいい顔のせいで?幼いころから変質者やチカンに頻繁に遭ってたんですが
向坂を知りHOMOへの偏見を無くしていきます・・・。

だからってHOMOにならんでもいい気もするけどその辺がファンタジー♪

ノンケの龍紀をそりゃもー必死で、全身全霊で口説きまくる向坂は笑えつつ読み応えありました。^^

愛に目覚めてこうなった/名倉 和希

 (ショコラ文庫)愛に目覚めてこうなった (ショコラ文庫)
(2012/12/10)


商品詳細を見る


伊東七つ生さんのイラストに惹かれて手に取ったこの作品もDT賛歌とも取れる内容でとても楽しかった♪^^


DT×ほぼDT・・・・の二人がデキあがるまでの行程がセキララに描かれたラブコメです。

攻めの藤原時憲は硬派で女嫌い。
長身イケメンで仕事もできるのでモテまくりですが
逆にメンヘラストーカーにつきまとわれた経験もあったり・・・で女に興味が持てない。
やや潔癖で家事も苦にならないので一人でも全く困らないと思っている。

そんな藤原をめぐって社内の女たちが一触即発状態だから
社の平和のためにヤツに決まった相手をつくらせろ!・・・・とせっつかれたのは
藤原と中学が一緒だった倉知大紀だった。
小柄な大紀は「総務の小人さん」と呼ばれるほどの働き者でなんでもいやな顔を見せずに引き受けるので社内の人気者。
他の人間には素っ気ない藤原が唯一こころを開く相手である。


ぷはは!
二人のやりとりが徹頭徹尾ピントがずれてるというか
自覚がないだけで藤原は大紀に中学時代から一途です。^^
それがうっかり自覚してしまってからはもー猪突猛進です。^^^^

そして最悪の初体験で性的なトラウマを負った大紀は理想の男性性を体現する藤原に熱烈求愛されて・・・陥落します。
そこまでのたたみかけが息をもつかせぬノンストップぶり?で
薄くはない本(250P超)なのにイッキに読んでしまいました。

クールな男前イケメン(受けにだけメロメロ)×短小早漏でウブな受け・・・・という取り合わせは
木原音瀬さんの「ドントウォーリーママ」や扇ゆずはさんの「ダーリング」を思い出しましたが
受けの幼い性器を見てハァハァしまくる変態攻めのギンギンぶりは
その絶倫さに説得力があるなあ・・・と思いました。
(そんなに最初から愛されまくって受けのカラダは大丈夫なのか?・・・と心配になりますが^^)


フィジカル描写に重点がおかれていますが
性欲を軽視したり、あるいは蔑視?するような雰囲気BLよりも
正直すぎて笑えるほど、ときには滑稽なほど無様だったりする欲望を
恥じることなくアピールできる正直な求愛ぶりはむしろ感動的ですらある・・・・と思いました。


DTのまま生涯の恋人に出会えるなんてロマンチックよね、とすら。^^



セックスにがっつかない「草食男子」が珍しくない時代だけど
愛する人とのセックスは素晴らしいんだよ、
臆面も無く謳いあげる作品にBLの原点を見た気がしました☆ヒャハー
プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム