墨繍綺譚 1/宮脇明子


ネロ~Noir/宮脇明子なんかで再注目しとった宮脇さん☆

本編よりあとがき(そろそろ仕事を店じまい??)にドッキンコ★
そうよねえ・・・アチシら読者も高齢化してるように作家も・・・
体力やアイディアや人気が枯渇するほうが早くて退場する方も大勢いなさるけど
宮脇さんなんかまだまだ人気も余裕もあるのに・・・・
それ以前に画材が・廃盤&劣化の嵐で大変。デジタル主流の時代だしねえ><。



漫画の内容は
「繍(しゅう)」という名の白髪のイケメン彫師が狂言回しのサスペンス。
刺青をテーマにしてはいますが反社会的というより因果応報的な勧善懲悪テイスト。
画力も安定の美しさで劣化の陰りもございませんわ(^^♪


現在二巻まで?

まだまだご活躍いただきたく!!
スポンサーサイト

惑星スタコラ(1)/加藤伸吉


「国民クイズ」から注目してたけどどんどん遠くマニア受け方面へ・・・・?
読んだ中では「流浪青年シシオ」がめっちゃ好きどした☆
絵描きの天才青年がはじける創作パッションをあちこちではじけさす話で作者の投影かな?と。^^

この「スタコラ」も刊行されてたのはなんとなく知ってたけど
ちゃんと完結するのかしら・と心配しつつも表紙のつまらなさについつい手が出なかったのけど
今回現物(実本)見てびっくり、こんな装丁見たことナイ!
ペーパーバック風?でひも栞つき、ハードカバーではないけどカバーが本紙より少し大きい。
その本紙の上辺のみがガタガタで揃ってないのはわざと断裁処理してないから??

・・・これがアートってやつなのか?

おらはドケチだし作品以外の部分で凝るよりもほどほどの価格で手に取れる方が手を出しやすいけど
おそらく安くても高くても買う層は限定的だからと思い切り遊んだ結果なのう?


どこで連載されてたのかと初出一覧見れば2006~2008年のモーニングツーにとびとび連載(増刊的な扱いとか?)。
内容もSFチックで奇想天外
キズという名の子連れマタギがジャコという巨漢を捕らえることを厳命され因縁ある二人が対峙。
拮抗する二人だったがジャコは進化していた。本来なら仲間だった二人がつぶしあいキズの小僧はジャコに襲い掛かるが・・・

う~ん、あらゆることが謎だらけですが
キズを支配するマフィアっぽい寝たきり老人のマペット的なロボ?やら
キズのへそから伸びたケータイ疑似のアイテムはくびきなのか???

メカと生体の差があえて曖昧に描かれてる印象で
圧倒的な画力という武器で表現されようとしてる総体が大きすぎて
見上げる首がイテテテテ★巨人よのう!



なんだろう、最近漫画→映画のメディアミックスがことごとくコケてる印象(製作費がかかってるほど!)けど
漫画は漫画で完結してるというかそのメディアだからこその良さを壊しちゃってるからなのか・・・?
映画は多めに撮るフィルムから作品編集するのに対して
漫画は一コマたりとも意味なく描かれたものはないし一本たりとも作者の意識なく引かれた線は無い。(アシ線だっても)
そう考えると描き込みが多い作品にあふれる作者の思い入れというか
ここまで描き込まずにいられない執念つーか㌍の高さに圧倒される。
(細かければいいわけじゃないけど記号的規則的写実的とも違うベクトルに心ざわつく)


ほんで今検索したら全5巻で完結してると。


しかも最終巻は全編描きおろし!ふはー。
編集が惚れこんでないと出してもらえなそうなパティーンじゃ・・・^^;

その全容を受け止める覚悟がおらにあるかしら・・・・?ドキドキ。

鬼娘恋愛禁止令1/松虫あられ


んまま~!これは☆

迫害される美少女とニヒルで陰のある青年の構図が「少女椿」みてえやな?と読み始め、
まさかの純愛、しかも「血脈」サトウハチローがモデルとか!^^;

おらもあれ読んでまさか「母さんの唄」のハチローがロリコンペド野郎で
JCを愛人にするようなおっさんだったと知って超幻滅したんけど
松虫さんからはこんなに繊細で理解されにくい傷ついた少年像に見えたのね、ほほう★
(早くに母を亡くし若すぎる美貌の義母に反発する不良少年?)



さて、このお話の主人公は美少女・鹿恋(カレン)。歳は12~3。
そしてスカーフェイスの不良少年・八郎。
3歳ほどで八郎の家に引き取られてから下女のようにこき使われ
八郎にはメス犬呼ばわり、タバコの煙を吹きつけられてはわが身を嘆くばかり・・・・。

ハイ、他に八郎の母と行き遅れ?の姉がいますがみんな意地悪なの><。
だけど実は(バレ↓)

続きを読む

オゲハ (1)/oimo


グロめ?のファンタジー。


半分蝶みたいな昆虫人間(型の宇宙人?)を公園で拾った少年・キジ。
オゲハと名付け自宅に連れ帰りますが子供の残酷さでろくに世話もしやがりません・・・><。

これって少女監禁もののオマージュなの?
もしかして虫に見えてるのはこの少年だけとかこわい考え★
いや宇宙人だとしても孵化まで待たずに繭から出されて未熟児的なオゲハちゃんに
積極的に危害を与えないまでも食餌すら与えずに殺しかけるキジにムカつきます。おめーよう!

そんなキジでもそれしかいないオゲハちゃんは必死に言葉を覚えようとしたり
食べ物をもらおうと語りかけたりいじらしさMAXで異形とかはどうでもよくなります。^^


なんかバッドエンドおちしか想像でけないのやけど3巻でハッピーエンドてマジすか?(どうやって?)



oimoさんでぐぐるとBL誌も出て来るのけどBLも描く方なの?

ヘルズキッチン(全13巻)/天道グミ

Bの食卓(1)/天道グミが面白かったので関連作らしき前作を大人買い♪・・・したのは良いけど
十巻越えの長編だけにすぐには読めずに積ん読だったのを制覇しました☆^^

最終巻の表紙は蝿の王・大公爵ベルゼブブ(飽食の悪魔)。


おもしろ~い!!期待以上にクオリティ高くて、キャラ造形設定が濃いの。
ワンダーでテンダー、パースペクティブ!

作画はアナログらしいけどこの密度で週刊連載してなさったとは驚異そのもの。
キャラデザインが濃いというか要素多くて容貌失認傾向?なアテシでもちゃんと見分けられるのは最低限の要望なれど
それ以上にそそるものがあるセクシーな魅力でありました。^^好き好き!
(性的な描写は一切ありませぬ)


まず一人目の主人公ともいうべき悪魔のドグマ。悪食伯爵と呼ばれる美食家。

はわー、テライケメンです♪傲慢でスタイリッシュ!
「極上の料理人の魂」が最も美味である、として中々気に入る食材が手に入らない彼は
自らそれを育てることを決意します。ターゲットに選んだのは凡庸な少年・守屋悟!
包丁も握ったことない彼は拒否する間もなく『料理の東大』と言われる食専へ導かれるように入校しますが・・・・


悟くんはこれといって個性があるようには見えませんが時にドグマの依り代として
二重人格のように大言壮語・・・それで窮地に陥っては少年漫画的な蛮勇で跳ね返しては成長してゆくパティーン☆^^
料理人として成長するほどドグマに食べられちゃう日が近づくジレンマ★

ドグマは悪魔なので当然のように悟を迫害しますが
それがなんだか愛あるSMに見える不思議(^^♪(^^♪




そして個性あふれるライバルや仲間たちと食専で出会っていく展開ですが
その一人目であるスパイスの天才・立花京が

これまたエロいすなあ!(お色気シーン皆無)

その繊細で万能な鼻を守るために常に昔のギャングのような布切れで顔の下半分を覆っているのすが
顔半分を隠すことでイスラム女性のブルカみたいな効果?
隠すからこそ見たい!という欲求を掻きたてやがります。はあはあ。
しかもこの子被虐待児の過去持ちで実母にネグレクトされてきっかけでスパイスに行ったというトラウマ持ち☆
やらしい!^^


妖精みたいな天使みたいな天才・半井くん

もミトン(鳥さん猫さん)を決して外さない。
衛生第一の料理人にあるまじき表現なれど漫画だからこその圧倒というか。^^

ドグマのありえない超ロン毛三つ編みといい
首飾りみたいなロープは武器にでも使うのかと思いきや
よくよく見れば縛り首のロープの結び目が前側に垂れ下がってるんだったりね・・・・!


そんなテイストの端々にしびれるほど官能を刺激されましたの!
この密度で一冊三月ペースって、しかも10巻超えなんてどんな過酷???



10巻あたりで一度物語は収束(立花のトラウマ解脱編?)してるあたりにもプロの腕力を感じたのん。
13巻ラストの未完っぽさは掲載誌休刊による余儀ない打ち切りによる不可抗力?><。
その無念さが第二部とも言える「Bの食卓」に続いたわけか・・・それにしちゃ三巻で終わったっぽいのも打ち切り臭いのお!



おら個人としてはワンピよっかよっぽど面白かったし
比較されてるネウロは未読だから比べられないけど
絵の魅力だけでも繰り返し読みたくなるチャームがあったわん♪
女の子ちゃんたちもかわい。

刃物の天才・サガネちゃんはちっぱいの偽乳でなぜか悟に惚れる。

チャーハン上手な中華鍋娘・エレちゃん(豊乳眼鏡っ娘)をライバル視?

だけど悟は初夏ちゃんが好きで

色気より食い気の子><。



おらの御贔屓は表紙には登場せなんだけど
ネズミミアイドルちゃんのペストにしちゃうぞ☆』の決めセリフにバキューン★





ザ・荒唐無稽な料理漫画っぷりが大昔にエキサイトした「包丁人味平」のごとき快楽どした。

初期の島本和彦を見るような伸びやかさもありーの・・・・

詰め込みまくった要素が宝石箱のようにこぼれる贅沢な漫画でした。ティスティ!


プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム