激マン!(全6巻)/永井豪


一気呵成に読みまんた。激賞☆称賛せずにはおれませんのだ!!!

一巻表紙のイメージからもっとその生い立ちから各種作品の裏話的なものを読む前はイメージしてましたが
意外やほぼデビルマン一作に焦点が当たっています。ほぼ6冊かけて作品の補完を行いきっているというか。

うン、読者としてもあれだけ壮大な物語をあれだけのページ数で謳いあげたからこそ永井豪という天才に圧倒されたけんど
そもそもTVアニメコラボ?連動?として発表された作品で
アニメ化にしては原作漫画と世界観違いすぎるなあ・・・(どっちも好きだったけど)とは思ってたけど
まさかアニメの企画が先?で
あえて大人読者が多いマガジン読者向けにアダルト展開したのが漫画版だったとは・・・!
(アニメは子供にもわかりやすいアメコミ調勧善懲悪。パンツはしっかり履いてる感出さないとヤバイ^^;)

先に終了したアニメを見てコンテンツとしての終了を見越した編集長は商売人として連載の終了を決定事項として告げる★
デビルマンに全力を注ぐために他誌の好評連載をあえて切った豪ちゃんは丁々発止で増ページ増回数をもぎとろうとするが・・・・・?


あっ☆豪ちゃんじゃなくて主人公の漫画家は「ながい激」だった^^;
あえて「永井豪じゃないですよ~」と名乗ることで主人公をイケメン化して動かしやすくしたんだろうけど
肝心の作品群が「デビルマン」をはじめ豪ちゃんの作品のままなのでちょっと目がすべる・・!
でも真実は視点を変えればめまぐるしく視野を変えるし
編集やアシさんたちからは異論が飛び出しそうやけど
ウチらは豪ちゃんの真意がいっち知りたいんやからこれが正解だと思うよ~♪

エキサイトしながら読んでる感覚が何かに似てるな~・・・と感じたけど
これはあれだよ、DVDとかの特典で「オーディオコメンタリーつき」てのがあるけど
作品を見返しながら製作者やスタッフ・出演者が裏話したり関係ないバカ話をしたりして
一人で見てるのに一緒に楽しんでるような感覚に浸れるからかなり好きなんだけどソレに似てる。
同時通訳みたいな臨場感?で「もっとこうしたかった」「ここはこうするつもりだった」「こう読者が汲んでくれることを期待した」と
当時の絵と違和感のない作画で膨らませてくれてるのがお見事やわ・・・・・!


ん?原作本手元に無いし最後に読んだの数十年前やから比較でけんのやけど
発表原稿のシーンはそのままなのかリライトなのかアチシには判別つかんわ><。
でも数年単位で絵柄が変わったり劣化していく残念な作画家が多いなか
半世紀近い(サバ読み)時差を飛び越えて違和感がない絵で読ませるなんか
当時がすでに卓越しすぎていたのか現在のスタッフのコピー能力がフォトショを超えているのか^^★
(豪ちゃんレベルの大家になるとアシまかせにしても問題ないつうかむしろ先生より先生の絵が描けるプロアシがおるやろ)

どっちにしても読者としては目がハレーション起こさない自然さで物語にぐわっつり!と入り込めました♪♪


それにしても豪ちゃん伝説というか週刊5誌同時連載とか最大月産能力5~600ページとか
いくら若くて体力あったにしてもアシ多数使いこなしてたにしても呆れるパワー。
それでいて作品が荒れるどころか次々ヒットをとばすアイディア無尽蔵っぷりはすげえ!
しかも「デビルマン」に集中するためにエンドマークつけた「ハレンチ学園」なのに
わずか二週で次の「マジンガーZ」が始まってたのね!
なにかにもう憑りつかれたかのような密度の濃い時間が亜空間のように詰まってたのね・・・!はうっ☆


そしてそんな中でデビルマン(アモン?)とシレーヌの空中ファックを発表する気でいた豪ちゃんたら・・・
過激の一言では済まないわよおお・・・!エロ杉!



つうかアテシは浅い読者らからデビルマン(明?)の筋肉美と飛鳥了のミステリアスな魅力、
そして二人の切ないBLドラマとしての側面くらいしか読めてなかった気がしるけんぞ
まさかデビルマンのハルマゲドンに近未来戦争に巻き込まれるかもしれない日本がテーゼされとったとは・・・!
そして安保法案が取りざたされてる現在のタイミングでこれを読んでしまったアチシは
その数年前(ゴラク連載)、数十年前(マガジン連載)に預言者のように語っていた豪ちゃんの卓見・先見ぶりに震撼せるばかりでごじゃあます・・。のれす><。



う~ん、すげい。
「デビルマン」に感動したアナタに今こそこの作品を読んでほしい。
そして誌面の都合で切り落とされまくったエピソードと作者の真意をくみ取って
今こそ「完全版デビルマン」をアナタの脳内に構築してほしい。できるよすごいよ!!!



うわ~こりゃ(時系列的にはかぶってる^^)

「マジンガーZ」編も必読!やわ。ぜってー読む!

けんど一気読みできないとまたストレスやろうから完結待つ☆
「激マン!」6冊をH22~24年の2年ほどで刊行したペースならそんなに焦れずに済む、よね?よね?^^首長竜!

スポンサーサイト

豪ちゃんの変態紳士録

関連で思い出したけど、昔読んだので江戸川乱歩パロ?のヒデエのあったなあ★^^

続きを読む

とどまるところを知らない、永井豪のまんが道

ほんでついでに?関連商品を見とったら


てっきりパロ精神旺盛な豪ちゃんのお筆によるカムイ女体化かと思いきや
どろろちゃん(成体化?)だったのね、つうか

永井豪&ダイナミックプロVS手塚治虫ってなんぞ☆^^
タイトルも「どろろんえん魔くん」ならぬ「どろろえん魔くん」となっ!?
すげくね?(読みたし!)



でもそれ以上にアチシの血潮を逆巻かせたのは


でしたわ!!!
なっぬ~、マジンガーとデビルマンの頃の裏話をメタフィクションとして描く・・・だと!?!?
そんなん読みたすぎる!!!!!!!

「燃えよペン」+「アニメ店長」みたいな島本的暑苦しさと昭和の熱気を感じさせてくれそうな作品になってるヨカーン!

えええ・・・「デビルマン」描いたとき豪ちゃん27歳だったのかよ、早熟つうかなんつうか・・・!
(もう我慢ならん、ぽちっとな♪)



で、ぽちったあとで


が続いてたことに気付く★イやん!><。(含めて6冊で完結、と勘違いしてた)
当時のジャンプに「男一匹ガキ大将」や「はだしのゲン」などと掲載されてたのを記憶するアテシ、
これもいずれは入手しそうげやけどとりあえず6巻まで読破しるまではガ・マ・ン・・・!><。

帝都女記者伝写・らく/永井豪


ほおお・・・・
こんげな作品もありなすったのね!

豪ちゃんは近年セルフカバーの迷宮に嵌まり込んでる感?があって
オリジナルはもう描かっしゃらんのじゃろうか・・・><。て憂いてたので
こんな佳作が読めて嬉しいです♪^^


時代は明治、ハニーちゃんの七変化のひとつみたいな美少女が断髪・男装姿で活躍するお話☆彡
元は武家の姫君だった朝比奈楽。
男勝りの剣の達人であるとともに得意の画力を活かして絵入り新聞の記者として働いています。
今で言うゴシップ誌的な??猟奇事件を識字率の低かった時代にわかりやすく解説してた浮世絵っぽいアレですよ。

あえて時代考証にとらわれない自由さと庶民のおおらかさ、
新しい時代の風に乗ろうとする文明開化とデモクラシーの混沌がいい空気感(グルーヴ?)醸してるとオモ。^^


ちょっと最終回がイケメン軍人と恋に落ちた楽ちゃんの濡れ場とか悲恋に終わる結末とかちょっと唐突に感じたけど
きちんと終わらせようとしたまとまり?はある作品になってると思うプロの腕前を魅せられました。・・・豪ちゃんたら!
プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム