腐女医の医者道!/さーたり


腐れ要素は含有率大変低いです。(誇大広告?)

ですが命をあずかる医療の現場が舞台で不謹慎なネタを開陳するのもどうかと思うし
子持ち女医さんのエッセイとしては充分おもしろかったです。

☆矢・トルーパーで目覚めてコミケデビューしたそうだから若くてアラフォーかな?
医者一家の出身でそのまま医者になることに反発してた作者に
「手塚治虫は医者で漫画家だよ!」とその気にさせたお母さんナイス!^^


肝臓胆道膵臓が専門の外科医でドクターヘリに搭乗することもあるさーたりさんは本業が多忙を極め
よく育児エッセイでは乳児期の夜泣きで眠れない辛さを訴える方がおらっるども
「産休中が一番楽だった!だって三時間眠れるときもあるし♪」・・・って日頃がどれだけ修羅場なの^^;
(新潟市の方でも三十台の女性研修医←!が過労死した事件あったなあ。
命を預かる現場が厳しい意識で立ち向かうのはいいけど医者自身にまで厳しいのはどうなんなん・・・?)

二人の娘さんを同業の旦那さんと二人で育児しながらちゃんとオタク心も忘れない?
さーたりさんの心身のご健康をお祈りいたしますわ。
スポンサーサイト

誰にも言えないアソコらへんの話。 /たかぎりょうこ


肛門科・泌尿器科・婦人科の知りたかった正しい情報教えます。・・・ってサブタイトル☆

近頃ペンが進んでらっしゃらない某先生や某先生も風の噂でと聞いたような・・・・?
健康問題は笑いごっちゃねえ!けど、あまり大声でも言えないジレンマ><。
(アテクシはではないものの体質的にお便秘しやすいから固いとキレやすうございますわ。やん!)

たかぎさんのトイレおこもりセット(腰と頭を守る大判タオル・洗面器・足置き)は
吐き気と便意と冷や汗と貧血がいっぺんに襲来する経験を思い起こしたけど
前触れなく来る恐ろしい症状で『死ぬんじゃ・・?』と不安になるほど苦しいの><。
(だけど過ぎればケロリだからお医者にも行きにくい)(ノロに似てる)

はじめてなったときは救急車呼んでまって結局生理痛だろう・と診断されたけど
そういや自転車乗り始めてからいっぺんも出てないわ!
適度な運動できたからかな、生活習慣て大事☆


大腸内視鏡検査や膀胱炎の経験リポートから婦人科まで
アソコらへんの知識を一冊で知れる本で興味深いものでした。
ヒトゴトじゃないわよね!

ゆがみちゃん 毒家族からの脱出コミックエッセイ /原わた


PNが・・wwだしお可愛らしい絵だけど内容は途轍もヘビーどした★><。


毒家族脱出マニュアル・な様相。
宗教一家でありモラハラ・支配・兄弟差別にさらされた少女が必死に自分を取り戻そうとあがく姿、

ことに世間の無理解にあるべきカタチの家族でいられなかった自分への攻撃に一層傷つくところがキツイ。

生きるか死ぬかまで追い詰められて、自分が死なないためには家族から離れるしかない・と振り切ったのに
それでも親不孝な我儘娘と言われがちな風評被害・・・?



それでもこの子は勇気づけてくれる人と出会えたり
自力でお金を溜めて引っ越したりする力があったけど
逆らいきれずに逃げきれずに毒家族に犠牲になるしかない子も大勢おるんやろうな><。おろろん!

せめて家族くらいは愛し合って助け合って生きてほしいからドラマやなんかは理想論で語るし
毒家族自身もそうあろうとしてるのかもしんねけど
それで一番立場の弱い者に圧力かけてることを自覚できなかったらこうなってしまうんやね・・・・。


著者は母がしんどい/田房永子と出会って「私と同じだ!」と衝撃を受け
過去の自分の体験を漫画にしてネット公開するように。それを書籍化したのがこの本です。

とても筋道立ってるしそんじょそこらの分析本より理解しやすい。
ゆがみちゃんのアシンメトリな髪型とかいいね!^^
最終的には和解まではいかなくても「家族たちもその上の世代から抑圧されていたのでは・・・」と理解を示すことで
解脱っちゅうかデトックスしてるような爽やかな結末だし。


今苦しんで家族を捨てたいと思っている子たちに読ませると楽になるかも。
(またそこまで割り切れなかったり自立できない自分に苦しむ子もいるかなあ><。)
(自殺サイトでシリアルキラーの獲物になっちゃうような子たちはこんな子?)



気になるのはゆがみちゃんの兄・いびつのその後だなあ。
溺愛という虐待でだめになっちゃった子で
子どもの頃から親の財布から金を抜き(ゆがみに罪をなすりつけ)
大学生の頃には立派な博打中毒に><。月20万もこづかいもらってはスル・を繰り返してちゃー・・・・


ゆがみちゃんの夫になったいやしさんも理想化されてるけどさ
優しさと優柔不断が表裏一体のように
完全にはゆがみちゃんの立場を理解してないみたいだし心配やわ・・。

それでもそれぞれの人生は自分で切り開くしかないし
傍からやいやい言っても本人が自覚しなきゃなんにも変わらないんだなあ。

愛犬が、私を愛してくれません。どてどてどてちん!/高久尚子


マザーファッカーズ 2 すべてがBLになる/藤生などで
愛犬・どてちんに嫌われてる高久先生との関係に興味しんしんだったのけど
高久先生目線のエッセイコミックがありましたっぞ!^^


藤生さんと高久さんとで同居してて二人とも漫画家さんだけど
お仕事や稼ぎは高久さんが上でアシスタントではないながら家事は藤生さんが多めにしてるみてい。
(家事力と経済力で互いにイーブン?)
フレンチブルのどてちんは高久さんが購入した犬だけどペット可の賃貸物件が見つかるまでの半年を
藤生さんの実家で家族に愛されて生育したならもう自分の群れはこっち!と認識して
あとから参入した高久さんは下手したらエネミー扱い・良くって後輩だと思ってるっぽい★

愛が報われない高久先生は不憫なれど
同居してからもどてちんのお世話と高久先生のお世話は藤生さんがまかなってる現状では改善の余地なく・・・
医療費など経済的な問題だけが重く重くのしかかってるのねん><。


ん・ん~。特にブル系は気難しいし遺伝子的にもいびつ?というかメンドクサイから
素人が手を出すと大変みたいよね。お金もたくさんかかりそうで。
だけど愛嬌あって愛情あふれる犬種だからその魅力にハマる人も続々、って(^^♪

小野まゆらさんちのカポネちとか☆

(あら絶版!)



高久さんも片思いに近い愛情であってもいっくらかぶりつかれても
どてちんとの暮らし(藤生さん無しでは成り立たないとしても)に喜び感じれるならそれはかけがえない時間で
お金には代えられないはずよね。
(犬は大体一頭に生涯で200マソくらいかかると言われてるけどどっちんはその数倍・・・?)


藤生さんの描く先生と自画像はヒヨコ&マッチョという横紙破りだったけど
高久先生のは眼鏡ボブ&頭頂アップスタイルの今時女子っぽい二人。
妙齢女子の仲良しシェア生活が百合好きさんにも微笑ましいのではないかしら?^^イーナー♡

生き返っても、あの世/村上竹尾


死んで生き返りましたれぽ/竹尾の続編?出てるのに気づく。


心肺停止から蘇生し後遺症からせん妄見えたり機能障害多発で
「普通に生きる」のが困難になってしまった状況をれぽ★

それまでの自暴自棄で緩慢な自殺のような生活、不摂生で身体を苛め抜くとこうなる・というのがわかります。
水を飲むだけでも痛いってどんげな地獄の罰ゲー?><。
普通に生きても細心に生きても全く痛みを感じないのは無理だとしても
あえて苦しくなる方を選択するリスクが重い・・・!


退院後に空飛ぶくじらや唄う女が見えるある種美しい幻想イメージが見えることを語ってるけど
その恐怖にリアリティはないし内容としては薄いからあんま読み応えはなかった。
絵はリハビリの甲斐あってかちょっと回復してて元のタッチに近いだろう感じに。
牛歩でも快方に向かってなさるかとほっとしたもつかのま

アマレビューで叩かれまくっててぎょっとしたら
ネットいじめの加害者として糾弾されてるんね・・・
(でもぐぐっても事件の全容がようわからぬ★集団でよってたかるのはアカンとしても
「殴った感触が欲しい」の何が悪いのかがさっぱり?おらが無神経すぎるのかなあ??)

(いじめ問題はどっちが被害者かすぐ反転するからこわいね!鈍感力を駆使★^^)
プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム