たまちゃんハウス(全5巻)/逢坂みえこ


逢坂さんの落語家漫画、読了。

大物落語家・桜花亭春福の一人娘・珠子と周辺の若手落語家たちのお話で
弟子の有能エリート早春、不器用で一途な春々、愛嬌の白春の三人と
春福のライバルである松之家吉兆とその息子弟子の小吉がそれぞれ魅力ですわん☆^^

はじめは落語に全く関心なかった珠子が春々に恋するあたりから落語に興味をもち
進路としてライターをめざすようになる女子自立物語?っぽい流れ・・・。

恋愛としては師匠の娘は地雷そのもの?で春々にはつれなくされてしまうんどすが
それが重責でない状態になれば(春々の成長か珠子の情熱か春福の老いぼれか?)なんとかなりそうなヨカーン!もありつつ。


でもそんなんより和服男子萌えと話芸としての落語の魅力が最大限に楽しめる作品でんな♬
春々の黒目男子ぶりもにゃんこみたいでかわいいし
おっさんらもいぶし銀の魅力やわ!
いっち美形は小吉かな?早春にいさんも大人の魅力☆(白春は元ヤンキューピー)

古典落語もわかりやすく筋を解説しつつ演者次第で魅力が変わる落語の奥深さを表現。
和の文化が愛しくなる作品ですね!好感☆
スポンサーサイト

おかあさんとごいっしょ(全二巻)/逢坂みえこ



三組の娘と母を通して世代間の相克?を見事に切り取った作品、と思いました。


しっかり者の万能母とぼんやり娘、
娘にしがみつく70歳の母と未婚の40歳娘、
弟息子ばかりを可愛がる母とその面倒を見ずにはいられないバツイチ娘・・・・

ぼんやりは娘持ち、バツイチは息子持ちで40歳は上司と不倫してます><。
この三人が元同僚で今も仲良しなのですが
ライフステージによってそれぞれに境遇や感じ方が変わっていくのを母親との関係によって浮き彫りにしていきます☆


娘にとって母親は偉大な先輩であるとともに煙ったい存在・・・
時にはうっとおしく感じても最後まで味方になってくれる力強い存在?
段々老いていく母への憐れみ?や今度は自分が母の立場になってわかることを具体的に。

絵がますますスッキリ見やすく魅力的になってる気がします。
40歳はもうちょっと老けてるんじゃないかと思うし
犯罪者?の弟をイケメンに描きすぎてる気もするけど
リアルすぎると読んでて辛くなるろうなあ><。
弟の行く末や家族の葛藤を考えると暗い気持ちになるしスッキリしない読後感だけど
それ以上に気になったのはあとがきマンガの逢坂さん自画像のシワ!
こんなにおばあさんに描かなくても・・・とショック★

国枝彩香さんもヨボヨボ自画像だったけどやっぱり漫画家っていろいろ酷使するし老けやすい職業なのかなあ・・・?

育児なし日記vs育児され日記/逢坂みえこ


「プロチチ」の逢坂さんの育児記。

逢坂さんは40手前でお産みあそばした・とか。
パートナーは大学時代の後輩で事実婚?
コチラも染色体検査はなさってませんわ・・・・><。
(実際、異常が増えるといってもコンマ数パーセントが数パーセントになる程度で
圧倒多数は健常児が多いにしても「自分は大丈夫」とたかをくくる高齢夫婦が増えないか危惧・・・!)


40歳にして新米ハハの生活はさぞや大変だったとおもいきや
工夫とアイディア、気のもちよう?などで楽しもうとする逢坂さんは凄いナー・・・と感心したけど
実際に出版された時点では息子さん小6だったそうだから
ある程度子育てひと段落した余裕の時期から振り返ってるから・というのもあるろうナ★
(「ひよこくらぶ」掲載は2004~2008年)

・・・てこたあ、今ハルくん大学生くらい?
よそんちの子がデカくなんのは早いなあ><。
(おらも順調に老化しとるが^^;)

プロチチ(4)/逢坂 みえこ

 (イブニングKC)プロチチ(4) (イブニングKC)
(2014/04/23)


商品詳細を見る


はい、ひとまず完結です☆


3巻ラストでひっぱってた、直の過去のトラウマであるイジメられた同級生・徳永君は
実は互いに傷つけあってたお互い様な関係だった。^^

案外こーゆーケースって多いだろうな、という気がすた。
人は虐められたことを決して忘れないけど
イジメた方は案外無自覚なことの方が多いだろうしね。

この二人のケースも直のアスペゆえの無神経な言動(無欠な徳永くんはワキガ?だったぽい)で
思春期の繊細なココロを痛めつけてて
他に友達のいない直がハブられた?と思っても無理のない展開><。


大人になってから和解した二人はお互いの幼さを恥じますが
この経験で直はプロチチとしての成長を遂げ
息子の友達関係を大きな視点で見守れるようになります♪^^



そしてこの巻では初めて直の母も登場します。

アスペではないデキのいい弟ばかりを可愛がっていたように思い、恨みを捨て切れなかった母へ
「こんなに育てにくい僕を育ててくれた」と感謝の気持ちを持てるように。


母は母で直を生きやすいようにサポートしてくれる花歩を見て
「自分のしてきた子育ては間違っていた?」と反省をします。



子育てに正解なんかないし間違いながら親も成長していくのだというテーマを力強く受け取りました☆


ノンフィクションエッセイ?もあるみてえです♪
育児なし日記vs育児され日記2育児なし日記vs育児され日記2
(2013/04/12)
逢坂みえこ

商品詳細を見る

育児なし日記vs育児され日記育児なし日記vs育児され日記
(2008/10/15)
逢坂 みえこ

商品詳細を見る



どこの親御さんも必死で子育てしとるんろうな。アタマがさがります★

木村くんは男友だち /逢坂 みえこ

木村くんは男友だち (KCデラックス)木村くんは男友だち (KCデラックス)
(2011/04/13)


商品詳細を見る


男と女の友情は成り立つか・・・がテーマかな?



ミホは鉄男という良い旦那さんがいるけど
学生時代からのつきあいの木村というイケメンとも仲がいい。

それぞれがそれぞれに嫉妬したりする話なんだけど
木村がなんかいけ好かない男に見えて読んでて楽しくなかったわ><。

イケメンがナルシストなのはまー宿命?みたいなもんかもしらんけど
ひたすら人がいい鉄男のまっすぐな誠実に比べたら
なまじイケメンなだけに女は全部自分のものとでも思ってるんじゃないか、
自分が口説けばすぐ落ちるとでも思ってる?
・・・・そりゃ振られ続けるわけだよ★って。


ミホが鉄男にきゅん!ときた一言には説得力あった。
要は相手を特別に思ってること、大切に思ってることをキチンと伝えることが大事なんだよね。^^

それができる日本男性はかなり少ないのが残念ですが><。
(なんだろ、ひざまづいたら負け・とでも思ってる?)



ミホもサバサバ気取ったヤな女だわー共感できへん><。


プロチチ(3) (イブニングKC)プロチチ(3) (イブニングKC)
(2013/07/23)
逢坂 みえこ

商品詳細を見る

は面白かったのにん☆
あ、3巻読んでるのに感想まだ書いてなかった!
アスペ夫の育児バトルっぷりがますます楽しいけどまだ続くのか・・・
もしかして太郎が就学するまで?成人するまで?(ゾッ★)
プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム