マスラオ礼賛/ヤマザキマリ


ヤマザキさんのエッセイ本(字)。

時に蛮勇でもあるやんちゃなメンズを愛おしむような目線で讃える一冊。
表紙はご自身お手製のトムのぬいぐるみ。
そう、ジェリーに出し抜かれっぱなしのあの猫もヤマザキさんの益荒男の一名に数えられています。^^

ハドリアヌスやプリニウス、スティーブジョブスにノッポさん、
阿部公房に山下達郎水木しげる、とりみき・・・
一見取り留めない人選に見えてヤマザキさんの人生に多大な影響を与えた男たちを数え上げてゆき
知らず知らずヤマザキさん自身のライフヒストリーに。


14歳で欧州一人旅という無茶をしたきっかけは
母方祖父が羨ましがったからというのがすごく納得!
不安の方が大きいはずなのに、やっぱり環境が人間を作っていくのだなあ☆
銀行員というお堅い印象とは真逆?の現地支所立ち上げにいきいきと手腕をふるったバイタリティ溢れる色男だったみて。^^
パンク少女とおじいちゃんの漫画「PIL」のモデルなんね。ほわー!


テルマエがヒットしてイヤなことの方が多かった、とおっしゃられてて
でもそれもヤマザキさんの娑婆修行?というか
望むと望まないにかかわらず遭遇する、その振れ幅の大きさが人物の大きさなのかも、って
ゴマメのような平穏甘受したりして・・・。
スポンサーサイト

ジャコモ・フォスカリ 1/ヤマザキ マリ

 (オフィスユーコミックス)ジャコモ・フォスカリ 1 (オフィスユーコミックス)
(2012/09/25)


商品詳細を見る


ふぉっ!?
・・・・ヤマザキさんてこーゆのも描けるんだ!!びっくりすた☆

知名度バツグンの「テルマエロマエ」からユーモアエッセイ?の「モーレツ!イタリア家族」、
ご自分の幼少期~をモデルにした作品群などなど、
ちょっとお仕事しすぎじゃね??・・・と心配なるほど精力的なお仕事ぶりやけど
いままでにないシリアスなテーマ選びに目を見張りました。


時代は1960年代のところは東京。
ヴェネツィア出身の大学教授・ジャコモ・フォスカリが過去と未来の記憶のしじまに彷徨います。


三島由紀夫や安倍公房?をモデルとする当時の文化人との交流、
幼年期に憧れたヘルメスのような貧しくも誇り高い少年・アンドレア、
その彼を思い起こさせるミステリアスな少年・古賀とその美貌の姉・聡子・・・・・

ジャコモのお顔がヤマザキさんのお舅さんに見えて(発明家じゃない方)
また身内話かしら・・・・?と思ってたらまさかのオールウェイズ三丁目?^^で
鮮やかなノスタルジーのなかに描き出される時代の断層。


歴史モノ?としてだけでも当時の風俗とかが新鮮に感じられるけんど
主人公が異邦人であることの視点とか
十六桜 (あすかコミックDX)十六桜 (あすかコミックDX)
(1992/08)
大前田 りん

商品詳細を見る

に載ってた小泉八雲の話を思い出した。


自分の生まれた国をフォーリナーの目線で見るという体験にゾクッとする。



おもしろいけどよくコレを連載させたなあ、オフィスユー☆
2巻はまだ出てないの?早く読みたい><。



テルマエ戦記/ヤマザキマリ

テルマエ戦記テルマエ戦記
(2012/04/20)
ヤマザキマリ

商品詳細を見る



・・・いやいや、この本に書かれた以降こそが、本当の戦いだろう!!、と思えるところで切れてる。
ご本人のブログからテルマエ関係にしぼった、再録本?


巻末に収録された、テルマエ執筆のきっかけとなった無言劇(玉入れ競技に興じる古代ローマ人)の「VICTORIA」が面白かった☆^^



ちょっとテルマエフィーバーと肝心の作品の面白さが反比例?してる気がして
3巻以降は追っかけてなかったんだけど
ようやく完結したと思ったら新連載はスティーブ・ジョブス?
スティーブ・ジョブズ(1) (KCデラックス)スティーブ・ジョブズ(1) (KCデラックス)
(2013/08/12)
ヤマザキ マリ

商品詳細を見る


粗製乱造とまでは言わないけどブームに乗れ!・・・と言わんばかりの多数の本の刊行、
いくら売れなかった時代の反動とは言え仕事引き受けすぎじゃね・・・?とアテシですら心配なるよう><。



世界を股にかけながらリスボン・シカゴ・沖縄・ETC・・・と転々しながら仕事をされてた裏側がわかります。
サイバラとの画力対決、旧友・三宅乱丈の紹介でビームに持ち込むに至った事情、
マンガ大賞や手塚賞受賞で・欧州のコミフェスでと巨匠やVIPとの広がる交流・・・・


生き急ぎすぎてね?^^




こんだけ働いて、使い切れないほどのお金が入るならともかく
出版不況の現代ではこれだけ話題になってもウハウハ言うレベルじゃないんだろうな・・・
海外でも翻訳・出版されたって国内市場に比べたら微々たるものじゃろうし★


(たしか矢口高雄がデビューした頃の原稿料は一枚がリーマンの月収に近かったかと☆
それで言えば玉子以上の物価の優等生ぶりよのう><。。。)
(やなせTかしとかの大御所が低収入に甘んじた弊害?)
(海外のコミックライターとかはかなり優雅な暮らしぶりっぽいのにマンガ大国であるはずの日本だけが
どうしてこんなにお寒い状況なんだろう・・・?)



ああ、アテシみてなワープアが心配するようなこっちゃないし
ヤマザキさんもお金以上の喜びのためにお仕事に邁進してらっしゃるだろうに・ね。

これからも海外からの冷静なまなこで閉塞したニッポン漫画業界に新風を吹き込んでいただきたい☆^^



それにはなにより健康が一番だと思うのでくれぐれもご無理なさらずに><。切に願います・・・!

世界の果てでも漫画描き 3 チベット編/ヤマザキマリ

「テルマエ」の映画化権が100万円ポッキリで
めっちゃハードスケジュールのプロモーション活動がノーギャラだった!!!
・・・てゆう発言で物議?かもしてらっさるヤマザキさん★いじめらんないかしら?><。




2巻までがすごくパワフルで楽しかったので
 (集英社クリエイティブコミックス)世界の果てでも漫画描き 3 チベット編 (集英社クリエイティブコミックス)
(2013/02/25)
ヤマザキ マリ

商品詳細を見る

もゲト☆^^



前巻からのシリア編(夫との新婚旅行だっけ?)の続きから。
それぞれの実家に「シリアサイコー!」と言ったら「なら、私たちも行くよ」と
総勢8名参加。ツアコン?としてこき使われる二人・・・。
マリの息子・デルス(当時8歳)は突然のシリア行きをしぶりましたが
「インディ・ジョーンズ」の舞台だよ・・・と騙して?同行させることに成功☆
子供の意外な柔軟さ?にタジタジの二人・・・★


ここから帰ったあと
モーレツ!イタリア家族 (ワイドKC)モーレツ!イタリア家族 (ワイドKC)
(2006/10/13)
ヤマザキ マリ

商品詳細を見る

のイタリア同居になったのかな?


コミックスではいきなり「テルマエ」の現地版宣伝のため?
トスカーナとパリに行ってます。
日本イベント?の一環でファンだった谷口ジロー氏や大江健三郎氏とニアミスして興奮する場面も。


はたまた突然のチベット行きを決意し憧れの「青蔵鉄道」で高山病にかかった2011年、
2012年はもうどこでもいいから行きたい!と台湾へ。
宍戸開夫人を誘ったら旦那もついてきちゃったよ・状態に。(テルマエ出てたもんね・・・)



乗り物酔いしやすいし体力も自身無いアテシには「どこでもいいから」と旅立つ神経?が理解不能れすが
それ以上にパワフルに活動しまくるマリさんのバイタリティに圧倒!されまくりました。



できたらそれぞれの旅先で夢中になってた観光物?の魅力をもう少し語ってもらいたかったス。
映画の舞台になったところを実際に見た、というのはそれほど魅力なの??
(映画と違ってダイナミックな場面展開とかないから飽きるかも?)



2012年までの旅行記を描き尽してしまったらば4巻はもう出ないかしら・・・??

心にささやいて/シャーロット・ラム ヤマザキマリ

心にささやいて (エメラルドコミックス)心にささやいて (エメラルドコミックス)
(2003/09/26)
シャーロット・ラム

商品詳細を見る


ハーレクイン・コミックスでヤマザキマリさんのお名前見つけて仰天げと★


2003年かあ、漫画描き始めてすぐくらいかな?

テルマエ人気で初期作品を発掘されまくってるせいか
あんま違和感は無かった。
絵は下手っていうよりペンとか画材がまだ馴染んでない感じ・というか。^^


ストーリーは
イギリス平民のヒロインがイタリアの超絶セレブ(もちろんイケメン)と愛し合い結ばれたものの
身分違いを弾劾されまくり子供も流産してしまった時義父に殺されそうになって逃げ出すが
再会した夫と再び燃え上がる愛・・・!みたいな。^^

そりゃなんも言わんで失踪したら夫は執着するっぺな!
別れたいならそれなりの手続きふめや!・・てツッコミを入れたくなるハレクイワールドですたが
旦那の情熱のイタリア男ぶりにモエますたわ☆^^執着された~い♪

ヒロインのテレパス能力とか夫の元秘書の画策とか義父の改心とかシナリオは後出し甚だしいけんぞ
あのヤマザキさんが真剣に描いてるてゆうだけで充分以上にたのしめましたわん♪^^
プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム