帰ってきたサチコさん /朔ユキ蔵


ユキ蔵さんの短編集読みますた☆
「別れと再会」をテーマにした5作品が収録されてますが
それぞれに印象が違う多様な物語を紡いでおられまんた。


特に最初のと最後のが印象的でした。
はじめの表題作はタイムスリップして戦時中に10年を過ごしたヒロインが
現代に戻ったら10か月しか過ぎてなくて戸惑いながらも日常に戻ろうとする話で
夫も子供もいたのにそれを捨てて戻ってきた?ところが納得できねくて><。
戦火から逃げまどっていたならむしろ現代に連れてくるべきだったんじゃ?とオモ。
時代を超える苦しみを味あわせることになっても命には代えられんろ?
元カレにまだ気持ちが残ってたのかよう・・・!
ダンナさん側の心づもりもようわからんかったしサァ・・・!

ラストの「劇的」は
とある大ヒット大作小説(完結まで30年!)と一人の書店員とのかかわりを描いたドラマで
20年前に読み始めたところで弟が事故に遭い、それ以来トラウマのように読めなくなってしまう。
ああ~、あるある!
音楽とかの方がありそうやけど
個人的な体験がメロディと絡み合ってその曲を聴くたびに思い出してしまう、
良くない記憶ほど深く染みついてしまう・・・・というアレやね!

完結巻発売時のサイン会がヒロインの店で開かれることになり、なぜか嫌な予感を感じる彼女に弟の訃報が・・・・!
突然すぎる若すぎる死に茫然としながらも葬儀を済ませ
弟の部屋を片付けていたらその本棚にあの小説のシリーズが・・・・!
20年前に読めなくなったところから読み始めながら
姉弟の記憶が鮮やかに蘇っていく情景が見事過ぎました・・・!・・・!
決していい姉でもなかったし特別に仲のいい姉弟でもなかった。
だけど確かに家族の絆はあったしお互いに大事に思っていたのだ・というのが
死んだ弟に対する暴言?からじわじわと伝わって来て感動のるつぼ状態でした。
悲しみのなかに爽やかな癒しを感じる傑作ですねい☆


現実に実感が持てない男が妖精に願いを叶えてもらう「かりそめ」も良かった。


ちょっと絵が雑?な印象で体つきが薄っぺらく描かれてるのは残念でしたが
描き込みばっかりに気を取られて中身からっぽな漫画よりは好感・かな。
アシ代だってバカにならんもんねえ・・・><。)
でもせっかくいい内容なのに表紙が負けてるようで勿体ないわ★
スポンサーサイト

お慕い申し上げます 6/朔 ユキ蔵

 (ヤングジャンプコミックス)お慕い申し上げます 6 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/11/19)


商品詳細を見る


うっかり新刊チェック怠ってた・・・・・たら
これで完結?急展開!

5巻ラストで吐血してた清徹、そのまま入院→没の流れに><。
末期ガンだった、ちゅう設定やけどあまりにあっけない!
なのにその死後の波紋の描き方・その余韻が大きくて☆

まだらボケだったお爺ちゃん、清玄の師でもあった峰博もまた・・・・
戦時中、死んだ戦友のために経を唱えることもできなかった悔やみ、
清徹に似た鋭い眼光の青年への思い・・・・・。


死が不可避であるように
生もまた不可避である。

ひとりひとりの登場人物たちを通して
多くを考えさせる作品でした。深い☆


そして肉欲とは違う次元のエロスを感じましたッ!
これもまた清徹さんの残した波紋?
(一巻から通読してさらに深読み?しなくちゃ☆^^)

お慕い申し上げます 5/朔 ユキ蔵

 (ヤングジャンプコミックス)お慕い申し上げます 5 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/03/10)


商品詳細を見る



虚言であってクレ・・・!と願いながら読み進みましたが
この巻ラストで節子の腕の中血を吐きながら眠るように意識を手放す清徹が・・・!!><。ひゃうん★

「最後まで自分を看取ってほしい」という、プロポーズにも似た?頼みをする清徹に
その見返り?みたいに同衾をねだる節子。
・・・・・あ、ホントに『同じ布団で寝た』だけでプラトニックなままの二人です。^^

いや~ん!清徹ったらこんなに経験値高そうなスケベ顔のくせに清童なのかしら?
キスは情熱的なのにソレ以上に進む気はないようです。
節子もこんなに一心に清徹への想いをつのらせながらも能動的な行為には至りません。(コッチも処女?)



でもある意味アテシの意を得たり・・・!な場面描写もあってウッヒョ!^^だったわ♪
「死ぬのって怖いよな」、っていう小学生の頃に感じた恐怖の共感で仏門を志した二人ですが
今もその恐怖はけして薄れてはいない・・・・><。

でも今、死を目前にした清徹は
先に旅立ち清玄を待つと思えば恐怖が薄らぐ、と言い
お前も俺が先に行って待ってると思えば少しは安らげるはずだ、と言う。

残される立場の清玄は泣き崩れますが
同じ恐怖で結ばれてきた同志?だった二人の
永遠の別れこそが永遠の結びつきのように見えて激しくモエさかりましたあ☆^^はふう!





この巻では節子の家庭環境と家族構成、そのしがらみからの精神的自立に重点が置かれていました。
既に鬼籍の母と施設で半身不随の父、そして両親を憎みながら節子を利用することしか考えない兄。

苦しみから解放されるにはあるものをあるがままに見
己の中にあるものを解放するしかない、と
死を受容しようとする清徹を見て悟る節子。


毒親と利己的な兄にも憎しみだけではない感情が残っていることに気付き
少しでもいい関係に落ち着こうと模索します。


「八正道」や「無財の七施」といった仏教用語?が懇切に説明されてて
仏教入門漫画としても秀逸な作品やと思われました☆^^



ますます先が気になりつつ6巻へ・・・!

少女ギターを弾く①/朔ユキ蔵


 全2巻完結セット(ワニマガジンコミックス)少女ギターを弾く 全2巻完結セット(ワニマガジンコミックス)
(2002)
不明

商品詳細を見る

一巻だけ読んだ。(↑画像データあるのこれだけだったから・・・><。)


う~む、絵は荒削りだし全くエロがそそらない駄エロ漫画★

てかまー朔さんは性的欲望を真っ向から因数分解?してみせる
ターヘルアナトミア的な腑分けをライワークとしてるっぽい?^^から
もちろんコレも延長線上ぽい、ぶれない背骨的なものを感じたお☆



主人公の少女が実はオジョーサマなのに
ワイルドなほどに奔放で歯止めがかからないところが「生きろ!モリタ」の彩ちゃんとちょっとオーバーラップしたけど
彩ちゃんよりふけつ?てか不衛生?(ガードレー/ルオナ/ニーとかすんなよ><。)で
オトコキャラもモブっぽくて魅力なかったのでモエられませんでした・・・・。


二巻は見かけたらチラ見くらいするかもしれまてんが
わざわざ探す気にはなれまそんでした。残念!


あっ、もうすぐ
お慕い申し上げます 5 (ヤングジャンプコミックス)お慕い申し上げます 5 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/03/10)
朔 ユキ蔵

商品詳細を見る

が出るね!こっちは楽しみ☆^^

お慕い申し上げます 4/朔 ユキ蔵

 (ヤングジャンプコミックス)お慕い申し上げます 4 (ヤングジャンプコミックス)
(2013/08/09)

商品詳細を見る


怒涛の展開!!

清徹に愛の告白をしてしまった節子。
「あなたより清玄(仏法)を取る」と答える清徹。

峰博和尚(清玄のじいちゃん)はまだらボケの症状が出始め、
節子と結婚しようとしない清玄に苛立った檀家たちは
定信(清玄の父)を呼び戻すことを考え始める・・・。



えっ!
父親って生きてたの?
なんかますます「住職系女子」と似た展開?になってきたけど
この父も仏法と俗のはざまで苦しんでた・・・つーか
DVから逃れてきた女を救い損ねたのがきっかけで家出したみたい><。
(妻の嫉妬と檀家の無理解?)
15年ぶりに会いに行った清玄。
そっくりすぎてワラタ☆^^
顔はまんま清玄が年取ってくたびれただけ?で
言ってることも「職業坊主ではいたくない。本当に救いを求める衆生のために尽くす、仏法の本質を求めたい」って求道的です。

「お前は家族のために坊主になったのだ。お前に発心(仏法を求める心)などない」と論破され
ショックを受ける清玄。
(→で、またセフレ人妻のトコへ慰めを求めに。・・・ダメな子!^^)


一方で清徹は「自分は余命三ヶ月」と突然の告白を節子にする。
衝撃を受けた節子は・・・・?


うわーうわー、二人が抱き合ったところで以下次巻。ひゃああ!



希望的展開としては

続きを読む

プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム