0才からのしあわせな子猫の育て方/服部幸


獣医師である服部先生のご本が絶賛されてるのを見て早速一冊読んでみた☆

半世紀ほぼ猫と暮らしてきたワテシだけど知らないことも多いのに気づかされ。
だって完全室内飼いも初めてだし鳴かない保護猫ちゃんも初めてだも><。


全くの初心者にも一から猫との暮らしをガイドする
写真も多めで目も開いてないような子猫のお世話の仕方までレクチャー、
多頭飼いのコツやトイレ砂のメンテナンス、
肥満にさせないように病気にかからぬようにと心配り(^^♪

きゃわいい子猫さんの写真が多くて眼福どすが
幸センセも精悍でナイスなイケメンじゃないのォ!
(お名前から女性かと誤解^^;)
スポンサーサイト

グーグーだって猫である(全6巻・再読)/大島弓子

一巻は平成12年、六巻は23年発行か・・・


チェーンスモーカーならぬチェーン猫飼い?のちよこ視点から
近年の猫飼いルールの変遷ともいうべきハードルの高さが気になっとったんケド
先代のしまくろあたりから貰い手のモラルをめっちゃ問いだしてきた気がしるのは地域限定なのかしら?
それまでは「猫欲しいな」と思えばどこからともなく「あげる!もらって」と声がかかり
身元詮索もなしにあっさりもらえてたので
家族構成や自宅の間取り・さらに念書まで書かされる現在に違和感ありまくりなのす><。

もちろん保護センターやボランティアさんに悪意のあろうはずもなく
猫たちの幸せと飼い主の意識向上のためによかれとなさってらっしゃることは理解できるけども
それがかえって出会いを妨げたり猫の自由を奪うのはどうなんだろう・と。
(猫の伝染病や交通事故など昔に比べてリスクが増大した、という理由もあるろうな・・・しょぼん)



んでふと大島さんの猫飼いライフを綴った

を再読。

昔「綿の国星」を読んですぐ『この人猫飼ったことなさそう』と思ったけど
あの作品は実際の猫を知らないからこそ描けた上質ファンタジーのすよなあ☆
ラフィエルの麗しさとそれを追う猫マニアの変態紳士ぶり
腐れ心を震わせましたった(^^♪

その後(ペルシャかな?)サバちゃんと暮らし初めての猫に戸惑いつつも小さきものとの生活に喜怒哀楽☆
でもサバは綿の国と同じく耳つきの人として描かれてたから
まだ猫飼い覚醒してなかったんだと思うの、大島さん?


そのサバを亡くしたペットロスを癒したのが二代目のグーグー。
未熟児アメショーが心配で飼う気はなかったのにショップからお引き取り。
その爛漫さに癒されながらもいかに自分が無知でサバに迷惑だったかと後悔、
時に外に散歩させたりするうちに捨て猫を保護。
ビーと名付けられたメスネコはグーグーにも溺愛され大島さんと同時期に子宮・卵巣摘出手術。
そんなシンクロもあってかがんからの生還以降の大島さんの猫保護活動は止まるところを知らず★



うん・・・・この一巻読んでいきなりのガン告白にびびった。
大島さん死んでしまうん?・・・と心配したけど術後もよろしく現在も十数匹の猫と幸せに暮らしておられるようで安心。^^


けんどアシスタントのNちゃんに
「もし私が死んだらこのマンションあげるから猫たちをよろしく」と遺言したのはどうなったのかなあ?

Nちゃんからしたら好きな猫がマンションの持参金つきで転がり込むとなれば
いくら敬愛する大島さんであってもその死を願わなかったとは思えない・・・のは
アチシが汚い大人になったからかしら、イヤン!><。

今は猫たちのために豪邸建てたし
ノラ保護や医療費に惜しまない大島さんちのお財布事情が心配ですん・・・。
だあって年齢的にも出版不況的にも厳しいのに住宅ローンかかえるって
大島さんにもしものときどないなさるの!
いくらNちゃんが善人でもローンまでは・・・
養女にしてこれまでの作品管理までしてもらえば死後の印税でなんとか?


でも後半ではNちゃんらしき登場がないから(ただのキャラ変かも?)
遺産問題でこじれて絶縁したんじゃ・・・と勘繰ってしまう。
貧乏も大変けど余裕あっても骨肉ね!


そんなこんなでますます猫に意識が向かったんじゃないかと。(あまりにもいやらしい推理)
近隣との猫トラブルで市役所からの人をエネミー認定?するヤバさ。

ノラや狸まで餌付けするのは嫌いな人にはなんてイヤガラセ?ってレベル。
猫好き特区・動物嫌い特区と棲み分けを考えるべきなのかにょう><。
でも自分ちのは好きだけど野性はイヤ、とか
あまねくすべての生き物が好き、とか千差万別でそれぞれに経済事情や通勤の都合とかあるろうし。(悩)









でもちょうど時代的なターニングがこの作品には描かれてる気がしたんだあ。
キョン²主演で映画化された(2008年公開だった!?早)んもあってか
猫飼いの方の意識が変わって猫との付き合い方も変わらざるを得なかったのかと。


最近猫たちのゴハンを買いにHC行ってびびった。
あまりにも種類が増えてプレミアムフードやら各メーカーが
年齢別・毛玉対策・尿路疾病予防にグルメ用・素材別にとあまりにも多岐にわたり展開・・・!
消費者ニーズに応えすぎ!
どれを買うべきか選択筋が弱いアテクシを悩ませる目的ね!!(敵意)

・・・いやいや。
これが時代ってもんでありんしょう。(諦観)





大島さんの猫エッセイはまだ継続中みたい。「今」を知るために読むべき?

子猫包囲網

冷や汗千斗・・・みたいな言葉があったと記憶してたら
正しくは「冷汗三斗(れいかんさんと)」だった。
恥ずかしいorおそろしい思いをして汗をいっぱいかくこと><;;;;;;;


夕方帰宅後すぐに猫たちにご飯とミルクを与えて
それから自分の雑事や食事、宅配受け取りなどを済ませてふと見たら
しー子だけが所在なげにウロさら、滅多に鳴かないのに細い声で呼びかけるようにふるる・・と鳴き声。

いつもセットのきー子の姿が見えず。
わずか1~2時間目を離しただけなのにいったいどこへ?

いくら我が家がオンボロ豪邸とはいえ蟻ならともかく猫の這い出る隙間はないはず・・・
家中を呼びかけながら徘徊すれどもお返事はないし・・・・
パリパリひっかく音やゴロゴロ喘鳴音が聞こえたかと思えばそれはしー子さん★

全力とっくみあいはしてもいつも仲良しでくっついて寝てる相方がいないからか
警戒心強めのしー子がアチシの後追い?するようなそぶり自体が異常事態をアラーム。

明日は不燃物の日だから不用品を選出するのにあちこち開いたところに入り込んで出られなくなった?
普段開けないところも念のため開けたりしてきー子・きー子と軋んだ機械のように呼び掛けても返答は無く・・・・



まさかいくらどんくさいアチシとはいえ背後をついて脱走なんて考えられないし
(そもそも脱柵不要なほど出口に近寄らず)
首輪代わりのゴム輪がひっかかっても首つりになるとか可能性低いし
いったいどこに神隠し????と自宅内でオカルティックな体験談★

久しぶりに分け入った二階奥の間が妙に猫ション臭くて(強烈なニオイは先代か先々代の置き土産?)
古衣装入れてたプラケースが猫トイレ化してたのはまあ切ねえ出来事ではあるけど
いずれは処分しなきゃならないものだったから別に。

最初この部屋探しに来たときガタッと音がした気がしたのは風の音?
他で見つからないし三度四度パトロールしても返答無かったけど
やっぱりここくらいしか探す場所はないし猫が挟まるようなところはここが一番ぁゃしぃような・・・?


古タンスの並んだ二つ目背後が猫の落ちる余地あるかも・・・と丑三つ時☆
うんしょうんしょと老体鞭打ちずらしたらチラリと猫しっぽらしきものが見えて安堵したのもつかのま
あれれれ?影も形も★どがいなイリュージョン><。。。。。。


失意で猫ション箱をえっちら下ろして不要ハンガーなどを分別してたら
無言でひょっこりきー子さん登場。
即さまベッドに直行してこんこんとお眠りあそばしてるってことは
やっぱり自主的にどこかに引き籠って寝ていたわけではなさそう・・・・。

んもう、助けて欲しかったらヘルプミー!って声あげてちょうだいませよ。
声も出せないほど圧迫状態だったとか?
まだこの下僕を信頼なすってくださらないのかとしょんもりですわ。

でもミイラ化する前に発見できてよかったあ。
初代くろは一か月蔵に閉じ込められて飲まず食わず?から生還したけど
こんなちみっこ一週間でもヤバイやろ★やんぬるかな!
日常にどんな危険があるかわからないものですわね。
このきっかけに捨てられなかった遺品とか処分進行しることにしますわ。あなかしこ。

アホ猫の証明

先代猫・しましまキジ猫のしまこさん、
美人なお顔に似合わぬアホの子であることは
お風呂に二度もドボンしたドジっ子ぶりからも伺えたけれどもう一つ、
いい加減大人になってからも自分の尻尾にじゃれていた事実からも証明できた★

しー子きー子もしまくろに負けないくらい真っすぐで長い立派なお尻尾持ちではあるけど
お互いの尻尾にはじゃれることはあっても
自分の尻尾をうりうりと鼻先に持ってっても知らん顔。

しまこさんみたいにウガウガとマイ尻尾にかぶりつくような猫はやっぱり珍しかったのね!と今さら^^;



でもそんなところも大好きだったのよおおおお!
しまこカンバック><。

ひいき目

贔屓の引き倒しってやつなのかしら?


最初は残念顔に見えたキジ猫きー子ちゃん、
なんだかだんだん愛らしく見えて来るミラクル☆

なんだか黒の分量が多くて目の下の隈みたいなラインのこと
チーターのティアライン(涙の線みたいに見えるアレ)と同系統な気がしてきた・・・!


あと白キジしー子さんの背中の模様が最初背骨で折りたたんだ蝶々みたいに思えたのが
かくれミ/ッキーにも似てると気付いたった。ほおお!



先日二階への立ち入りを解禁したらものすごい勢いで駆け上がるやら大騒ぎ★
降りるときガンガン転げ落ちるような音が何度か聞こえたけど
人間なら大けがでも柔軟な猫なら平左?
(うちの階段は急斜面で数多の被害が餌食になったので有名なのじゃよ。アチシも流血したことアリ^^;)



日々初体験の連続やけど早いとこしたかった爪切りもできるように・・・
おひざでウトウトして寝ぼけまなこのうちに片づけるのが一番簡単!
きー子はこれでできたけどだっこすら困難なしー子はまだまだ><。
撫でて欲しくて傍にまでは来るくせに押さえつけたり抱き上げようとすると抵抗するのは人間不信が根強いの??

だけど不思議と首をつまむと無抵抗になるのはママに咥えて運ばれた記憶が消えないのね。^^
あー、手が三本欲しい★
(爪切りを操作する手+収納式の爪をニュッと出させる手+首をつまんで静止させる手)
プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム