まんが家総進撃(1)/唐沢なをき


「まんが極道」の続編(てか巻数リセット品)。

笑うに笑えないえぐみのある作品なので体調悪い時読むとオちそう><★

モデルがある話もある(というかだらけ?)らしいがこの巻のはわりに一般論的な感じ。


しかし毎回作中作のタッチが多様にかき分けられてるのはお流石やなあ!
まあアテクシが読みたくなったのは「全裸学園」くらいかな?
(BLと見紛う学園モノ。制服がマッパ?^^)


今何巻まで?と調べたら4巻完結みてえよ。

(賽の河原?)
スポンサーサイト

俺とねこにゃん(1~2巻)/唐沢なをき



キジトラの章がすんげく楽しかったので本編も探して読んだ☆

た・楽しい~~~~~~!!!!^^


猫様の寵愛をめぐってで血を洗わんばかりの奥様との骨肉ぶりに爆笑が止まらない!
ここまで飼い主たちを狂わさずにいられない猫の魔性・・・・を見事に描き切ってなさる。
唐沢さんの才能が恐ろしくなりまする・・・!

描写としてはねこにゃんのシリアス絵とか虫ネタとかゾッとする場面も多いのに
猫毛アレルギーなのに我慢?してまで飼ってる奥さんの健康状態とか
仕事の邪魔になってるのに暴君の下僕状態になってる自覚あるのに溺愛が止まらないお馬鹿っぷりとか
もう、爽快の域に達している。まさに達人やで、猫飼いとして。


アチシも猫は好きだしかわいがってるつもりではいるけどここまで狂えるのは無理だし
ここまで熱狂的に愛せるのはある意味地獄であり天国だろうなと。

人間の子だったらその生育状況になんらかの影響ありそうで怖いけど、いいよね猫だもん☆^^(無責任)


他のねこにゃん本もコンプせねば!とハンター状態☆ぎらり!


俺とねこにゃん キジトラの章 /唐沢なをき


猫も唐沢漫画も好きなのに今まで読まなかったのが不思議だ!

内容は「猫かわいーん!」だけだし
唐沢氏が猫好きなのくらいはいままで読んだ作品から推察できてたから
あえて読む必要感じなかった?のかな。

夫婦二人がかりで猫の体臭をかぎまくるという
地獄絵図のような?フェチ表現とかおさすがやわ!!(感嘆)

大人しい子も激しい子も、あまねく猫という生物の魔性じみた魅力が吸着する猫飼いゴコロを見事に表現しきっとるわ!


シリーズ何冊も出てるのねえ・・・(猫沼・ずぶずぶ・・)



まんが極道(7巻まで)/唐沢なをき

 7 (ビームコミックス)まんが極道 7 (ビームコミックス)
(2013/01/25)


商品詳細を見る

まんが極道 3 (BEAM COMIX)まんが極道 3 (BEAM COMIX)
(2009/04/25)
唐沢 なをき

商品詳細を見る



これで完結?なのかな、
取りこぼしてた3巻もイッショに読んだ☆


あいかわらずの猛毒ネタですげくおもしろかったけろ
3巻の家族が漫画家の収入を我が物のように使い込むハナシってアレでしょ、
東大漫画や魔法漫画がヒットしたあの方がモデルだんべ?
情報の遅いアテシは最近になって聞いたけんど裁判沙汰で絶縁までしたとかっていう、
宗教にもハマっててマジキチだったとかなんとか★
なかにし礼のお兄さんだかも「死んでくれてありがとう」って言われるほどの問題人物だったそうやけど
印税というシステムが人を狂わせるのかしらねえ・・・><。。。。。


7巻の「境界」は
どこからが漫画家か、という話で
雑誌に一回でも載ったことがあればそうか
いや同人でも税務署から追徴課税来るレベルの収入あるやつもいるし
「自分は漫画家だ!」と思えれば全員漫画家じゃねえの?・・・とかイロイロ。

アチシはよくわからねえけろ、こんな議論が出てきたところでもう漫画ってオワコンなのかな
・・・と哀しくなた★


つうか「まんが」というヒトくくりで語ることができる状態が終わった、というか。


あしがコドモの頃に読んだ漫画はどれも面白かった。
それはもう「漫画」という手法で描いてありさえすればそれだけで面白く感じられる受容性つうか
自分の感性が磨耗したから面白さが理解できなくなったのかな?なんても考えたりしたけど
結局漫画もコミュニケーションツールのひとつだから
どんなに優れた作品であっても万人に同じ感動を届けることは不可能、っていうか
受け手と送り手のキャッチボールだからどちらかの能力が低くてももう一方がそれを補えれば理解しあえるけど
どちらも悪くなくても相性の悪さで成立しないことはままある・・んじゃ?・・・ないかな・。

ましてやこれほどまでに細分化されたらターゲットをしぼりこみすぎて
それ以外のヒトにはまったく理解できない(ターゲットにとってはドストライク)作品も増える一方なのかも★
(BLなんてその最たるモノじゃん!腐れ人口の増加で成り立ってるジャンルだけど^^)





いまぐぐったらこの連載は
まんが家総進撃(1) (ビームコミックス)まんが家総進撃(1) (ビームコミックス)
(2013/12/24)
唐沢なをき

商品詳細を見る

とタイトルだけ?リニューアルされて「まんが極道」の登場人物たちはそのままろくでもない人生を送ってるらしい。

なんか実兄をモデルにした?と噂されるサイテー話も収録されとるとか
7巻ラストの尻切れ話「父になる」も、なをき自身の話で50歳にして父になったとか・とか??

そのへんのコトもますます興味(下世話な)を惹かれたので
これから追及する予定!^^☆

チョロ恐/唐沢なをき

チョロ恐 (リュウコミックス)チョロ恐 (リュウコミックス)
(2011/08/11)
唐沢 なをき

商品詳細を見る



アテシはホラー系はそれほど好きじゃないんれすが
この作品は「ほぉらほぉら、恐いでしょー!!!」みたいな押しつけがましさ?みたいのが無くてよかったれす☆


つうか、恐いんだか恐くないんだか・・・みたいな中途半端さとか
途中まで聞いてオチを知らない話の方が出来すぎのオチがあるよりも色々考えてしまってかえって恐いみたいな
そんな絶妙なチョロ恐な話の詰め合わせ、でした。


結構、子供の頃の思い出話とか
昔友達に聞いた話、とかで
記憶の改竄やなんかを疑う余地がありまくりなトコロがチョロ恐の本懐なのかしら?


確かに恐いというか不気味な話ばかりなのに
なぜかゲラツボが刺激されまくって爆笑しながら読んでまいました☆^^


やっぱ唐沢さんは巧いなあ。


唐沢なをきの幻獣事典 (KCデラックス)唐沢なをきの幻獣事典 (KCデラックス)
(2005/10/17)
唐沢 なをき

商品詳細を見る

もスゴイ好きなんだけど
テーマに沿って粒の揃った(ときにワンパターンすらメタギャグにして)作品を一冊に集めるその手腕ていうか。


やるなあ☆
プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム