ホーリーランド 読了

ホーリーランド 18 (ジェッツコミックス)ホーリーランド 18 (ジェッツコミックス)
(2008/07/29)
森 恒二

商品詳細を見る


読みましたよ!

以前、なんでこんなステキな作品なのに二次創作(もちBL^^)をやらないんだぜ!?と
いぶかしんだ腐嬢です。



・・・・・申し訳ありませんでした!!!!!!!!!!!
心の底から反省しております><。


これは立派なBLです!!


そもそもBLってのはなんなんだ?
珍子を菊に入れるのがBLじゃあ・・・ないでしょうがあ!^^;

男と男肉体と魂のぶつかりあい
それがなによりアテクシたちの胸を躍らせるんじゃーござんせんか?

最終巻でのイケメンツートップの勝負で
腐嬢の狂おしい欲求は鮮やかにあでやかに昇華していったのでございますきらきら





「何故オレ達は戦い合う事を選んでしまうのか」
「それは過去から自由になる為・・・
そして新たな自分を得る為に
「神代 オマエに会えてよかった!」






も・・・モエますた!!
殿方たちの闘争本能は
時に野蛮で非生産的で
アテクシたちには理解不能な場面が多々ございました><。



この物語はいじめられっこでヒッキーだった少年が
みずからの居場所(ホーリーランド)を勝ち取るためにあがき戦うお話なんです。

これはたまたま手段として暴力(ケンカ)を選んでますが、
そもそも生きるとは何かを勝ち取り続けることなのかもしれない・・。

そんな風に思いました。あぁん、エクスタシー☆無限大^^。
スポンサーサイト

間違った読み方^^

ホーリーランド 13 (ジェッツコミックス)ホーリーランド 13 (ジェッツコミックス)
(2006/08/29)
森 恒二

商品詳細を見る



13巻まで読みました。面白い!!

街で格闘する少年たちの話なんですが、
リアルで引きこまれました。



アタシ、「ドラゴンボール」は3巻で挫折した人間なんですが、
あの辺で『友情・努力・勝利』のジャンプ路線とはたもとを別った気がします。

どんな努力しても超えられない壁はあるよ。
それでも人は生きてかなくちゃなんないのに・・・。
スーパーサイヤ人とか、ズルにしか思えないよ><



あ、ホーリーランドの話だった。

この主人公は、かわいい顔でおとなしい子だったので、
DQN同級生に虐められて引きこもり・・という今の日本にいくらでもいそうな少年です。
だけど引きこもってるのだってツライんです。彼はボクシングの教本を読み、その拳を鍛え始めます。
(リアルとファンタジーのバランスがすごい!ジムにいきなり通えるような子なら引きこもらないよね!)

この作品の白眉は、格闘マンガの『美味しんぼ』^^というか、
時々作者が自分の経験?を交えてケンカ技の解説をしてくれるんだけど
どこまでホントか?と思いながらもすごい説得力でぐいぐい読ませるんだよね。




・・・とまあ、説明はこのへんで。魅力は読んでくれればわかります。^^

アタクピは腐者なので、好いたらしい男はんが居たらば
腐った妄想に耽るのはもはや定説!^^
そんなん、あったりまえや~~ん!!ですが、
最近の腐界の蔓延ぶりはこのアタクピをはるかに超しており
アタシがモエモエした頃にはとっくに他のお嬢さんたちがモエモエしてくれてて
DO人誌とか発行済みだったりするパターンが多かったので

当然、「ホーリーランド」も!と鼻息荒く探したんですが、
・・・無いのね。どうして?

主役のユウは少女と見まがうほどの美少年だし
路上のカリスマ・伊沢マサキも『天は二物を与えた』と言われるほどの美形にしてボクシングの天才。
(この表紙の人です)
他にも味のあるキャラも多いし、これで妄想すんなってほうが㍉。^^

でも、無いのね。



・・・オイオイ、どこ読んでるんだい、お嬢さん。
ここにこんなにモエるお話があるのに、なんで本をつくらないんだぜ?
つくってくれよ。つくってください。・・・だめか><。。。



まだそこまでお嬢さんたちの感性は進化してないのかな?



暴力による勝利は儚い。
たとえタイマンで勝つことができても
大勢に取り囲まれたり、武器でやられればどんな達人・鉄人でも常勝無敗ではいられない。
そしてケンカはルール無用。
たとえ今は勝ったとしても、お礼参り(復讐)は際限なく。・・・戦争と同じだ。

だからルールのあるスポーツと違って、どんな天才でもいつでもへし折れる危うさがある。



・・・・かーーーーーっ!!!たまらん!

美少年がへし折れる瞬間って
モンノスゲエ掻きたてられるんですが。^^

え?アタイだけ?そんなあ。



うー、まあいいや。18巻で完結してるらしいんで、読了したらまた書きます。


プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
DVD (3)
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム