FC2ブログ

画材の問題?

町屋さんのこの線、鉄筆でひっかいたような味気無さはもうどうにかならんの?と勝手に考察・推察★


アチシはやっぱしアナログの筆圧を感じるような「入り」と「抜き」のあるGペンぽいタッチが好きなけど
町屋さんのコレは液タブとかゆうやつですかのう?
細い線をたくさん引いてるけど一本一本がつまらないというか命が宿ってない感><。

う・う~ん、阿仁谷ユイジのお宅訪問した語っちが「紙がない!」驚いてたし
デジタル作画への流れは抑えようがないにしても
ユイジの絵はもっと風情があるというか言われなければアナログと見分けつかないけどなあ・・・?
(作品テーマがあての好みとはズレてきたから最近はあんま読んでないけど)

なんかデジ作画でも元絵は一旦紙に描いてからスキャン→加工という手間をしてるヒトもおるそうやし
それぞれ工夫をこらしての差異が生まれとるのかなあ??・?


つうか作画だけが大事なわけじゃないしむしろそんなところにエネルギー使わなくていいのに!という作品もいっぺあるよね。
おらは背景なんかはまっしろでもパース狂っててもなんだったらトーンだけでも気にならんけど
せめて人物のお顔アップと筋肉だけはしっかりと描いてほしいわあ。
町屋さんはそれができてると思ってたのに・・・という失望感が大きくて★

ちゅか、昔と違って薄墨でも鉛筆でも印刷不能な時代ではないはずなのに
もっと作画は省力化できるはずじゃあないのかしら・・・?
どらいもんのお便利グッズほどじゃなくてもさあ、
・・・・むしろ出版不況が叫ばれる時代になってからの方が作家さん悲鳴をあげてる現況おかしい!




あくまでおらの好みだけどサインペン(ロットリング?)の線など太さ強弱ないけど温かみあって好きなんだ。
(マカロニほうれん荘の末期とか)
鉛筆線もかなり好き。柔らかさがあってふわっとけぶるような曖昧さ?は他の画材にはない魅力よの☆
ボールペンは絵を描くには向いてないよね><。細すぎるし味がない!


町屋さんのはその嫌いなボールペンタッチに近いので読んでて神経引っ掻かれるような不快感やの。
「花屋さん」からの多少でも変遷を感じられれば次はもっと成長あるかと期待できるけど
作画・線に関しては全く微動だに?イヤン><。

デジのよさは描いて消してができる無限修正だとしたら
鉛筆的な画材でお手軽に読ませる方面に進歩する日は・・・・・
アテシの視力が元気なうちに来てくれるかしら?神様あ!
スポンサーサイト

愚か者ワンゲルナイト /町屋はとこ


町屋さんの新刊☆


ちょっと待ってよ、花屋さんでありゃりゃ・・・と感じた残念作画ふたたび><。
あんなに流麗だったペンタッチはもう見れないの??コマごとに顔違う気がしるのあ★


お話自体はよかった♬ハートほんわか♡

男に全財産持ち逃げされて傷心の受けがヤケクソで無計画登山した先で出会った山男に恋しちゃうの^^ぽっ。
素っ気ないようで芯はお人よしで温かい警察官の藤さん(日本一の?)。

親友を山で亡くした過去と彼をみごろしにした(わけじゃないのに)後悔。
ろくな男とつきあったこなかったおばかさんな受けを見捨てることもできず・・・
自分を薄情な奴だ・と卑下する攻めにまっすぐな気持ちをぶつけてくる純情・・・・☆ステキ!



はじめはワンナイトラブで終わりそうな関係だったのが
受けちゃんたらお仕事も投げ打って身一つで移住してきちゃう向こう見ず。
でも知り合いの旅館に住み込みの仕事を紹介したげたり突き放すこともできず・・?
この旅館の主人・入谷もドラマあるっぽいけどこのお話ではバイプレーヤーつうか
橋渡し役としてキューピッドどすえ。


リンカン被害や好きな相手にも貶められてきた、結果的にビッチな生き方をしてきた受けちゃんは
かわいいのに報われずにきた子だったので幸せになれてよかったなあ。
はじめは片思いだったのが攻めの精神的重しを外す役割になってベストカップルの絆に。あん!尊み☆
そしてエロも大盛り大サービス!山で鍛えた実用筋肉ムハムハ♬

きみ江さん: ハンセン病を生きて/片野田 斉


一人のハンセン病(元)患者の生涯を追った、伝記的な一冊。


もうずっと昔に片付いた問題みたいな気になっちょったども
日本の「らい予防法」(隔離政策)が廃止されたのはわずか1996年という最近近のことなのねえ。

世界では1960年代にはもう特効薬プロミンの効果が立証されて差別が解消されつつあったのになにしとったんがいや><。。。


日本っちゅう国は決断を先送りする体質つうか前例主義を打ち破る勇気がない国なのかしらね、ややん!!



きみ江さんは小柄なかわいらしい印象のおばあさんですが
ハンセン病ゆえの壮絶な経験を語り部的に顔出しOKで公表してくれてります。


患者が何万人といれば何万人分の症例もあってきみ江さんは軽い方?なのかもしれないけんど
痛みを感じないことで肉が腐り骨が出るまで悪化してしまう業病と
見た目の崩れで差別されまくる穢れ感覚に翻弄されるつらさは全員が感じたはずらと思うの★

だけど彼女のバイタリティ、指のない手でもお料理でも裁縫でも時間がかかってもこなす負けず嫌いと
おらなんぞ足元にも及ばないコミュ力?同病の男性(余命4年と言われつつ40年もつれそう)と結婚もして尽くしぬく・・。
当時の悪法ゆえに断種手術をしたお二人には子を持つ機会さえ失われたのよう><。
それでも人生は楽しい、と前を向きこんな素敵な笑顔をみせてくれるきみ江さんには勇気の女神を感じたの。おぅふ♡

ダンス・ダンス・ダンスール (12)/ジョージ朝倉




ヤリチンはんなり王子・海咲パイセンの内面コンプレックスがさらけだされる巻です。
気品と才能を併せ持つ器用さと周囲には思われつつ本人は「そう見せてるだけ」と凡人の限界を感じていたところに
またあらたなる天才少女が舞い降ります☆
・・・ところが彼女は圧倒的な資質と表現力を持ちながらも貧しさと容貌からプロの道を諦めている噛ませ犬体質・・・?
彼女こそが理想のパートナー!と見定めた海咲は器用貧乏な自分と補い合えるオーロラを口説き落とします(^^♪

潤平と夏姫、本命ロシア留学組とのバトルロイヤルの行方は・・・・?(じり・じり)

「躾」という虐待

これは「躾」なんだ、虐待ではない!と言い切る親は本人それを信じ切ってるとしたら痛々しい><★

おそらく対象(子)に求めるものが多すぎるのだらう。
理想の子に育てるためには自分が甘やかしちゃだめだ!!と苛烈に責め立てて??


でもさー、子供は未熟だから><。
(ある意味大人だって一生未熟だ)
自分がつまづいたところ、自分の失敗を愛する子供には味あわせたくない!という理念だとしても
所詮は自分のDNA再生産、(伴侶だって大概おにあいだべ)
カエルの子はカエルでトンビの子はトンビだろがいや。嗚呼!

似て欲しくないところほど似るし真似てほしくないところばかり真似るのが子という縮小再生産じゃねえのかよ・・。
(でも思いがけないところ、気付かなかった方面には開花する才能あるかも?)


失敗は成功の母っていうし^^
子の間違いを笑って許せる余裕のある大人になれたらいいのにね☆
(自分の間違いは恥じて糺す)
プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
検索フォーム