舞姫 テレプシコーラ 全10巻完結/山岸凉子


以前見当たらなかったコレが魔窟から発掘でけたので再通読☆
(ついこないさの気がしるけんど2000年ごろスタートしたのねえ><。)


やっぱり読み始めたら止まらなくなるド・名作!!

わーし個人はバレエには格別な思い入れはないというか
優美に見えても全体重がかかるトゥシューズの中はタコだらけ・とか
団の運営にかかる莫大な費用の捻出・とか
主役とコールドの間にある絶対的格差・とかとか
光が強い分だけ影も深くなるものよのう・・・・・と感じるザマス★

あ・天皇制に感じてることに近いかな?
(高貴なる虜囚みたいな同情心を寄せておりんす)



はてさて、今回は千花ちゃん六花ちゃんの親的視点から読んでしまいました☆
千花ちゃんたら五千万?も治療費かけさせておいて自殺なんてヒドス><。(さめざめ)


だけど千花ちゃんが死を選んだ直接のきっかけ?は
別の道を択ぼうとした彼女を咄嗟に否定したせいだ!!・とも思えるので
そんな自分を責め続けるしかないオカータマが不憫・不憫。

オカータマこそが人生をバレエに捧げてきたバレエ教の被害者つうか
裕福な家の一人娘に生まれて人一倍の努力と家族の協力があっても
それでもプリマになれなかった無念・を才能あるわが娘で晴らしたかったのかな、と。
(そのためなら5000万ごとき屁でもない?実父は頼れなくなってもいずれ公務員の夫の退職金もあるし・・・って
茶道ではVIPだったらしい姑の遺産でなんとかなったかしら?←あくまで金銭事情が気になるゲス^^;)





一方で千花ちゃんの学校でのイジメの実態も気になりんす★
あのエラ張りケバブスがいじめ主犯格なのだとして
そこまで千花を憎むだけの事情、トップをとれない実力をなじられたりの人格否定とかの虐待を受けたのかも・とか

キモ教師からのエコヒイキという迷惑行為によってクラスに味方がいなくなっちゃった千花の立場

そして本人自体が自覚してなかったとしても女王様のように高慢に見える美貌と才覚?
弱音を吐かせてもらえない親からの期待・などなどが逃げ場をふさいでしまったんじゃろうか・・・・><。




この物語の主人公は六花ちゃんで彼女がコレオグラファーとして大成するためには
大好きな才能ある姉の喪失という断崖が必要だったのかもしんねけぞ
空美ちゃんがエレジーある名ダンサーになるにもあれだけの壮絶体験があればこそなのかもしれないども
そこまで累々と積み上げなければならないもんなのう・・・?と絶望するす★
そうまでして高みを目指さなければならんものなのん?



はわわわw
六花ちゃんのプロヘッソナル編が読みたいよぉう><。
空美ちゃんのあの後編か車椅子美智子先生の青春編でもええです(^^♪

「レベレーション」はなんかコケそうな気がしるんや



あ・今読むとNYCBの天才ソリスト・駿くんは「ダンスール」の潤平と同タイプやねえ。^^
ダンスールは三か月ペースで新刊出てたのにどうしたんじゃろ・ええとこなのにん!><。
スポンサーサイト

世界の廃墟・遺跡60/リチャード・ハッパー


すげえ読み応え☆写真が美しい☆

廃墟マニアっつーのが世の中にはおるらしい・・・・というのは聞いたことあるども
その楽しみ方の入門書?とでもいうべき風情の本やすな。^^


世界遺産にも数えられる
ペトラ遺跡(インディージョーンズの舞台でお馴染み)、マチュピチュ、イースターを皮切りに
いまだ建設中?の中国のドバイとも言われる康巴什新区(いわゆる鬼城のひとつ)まで
人々が集まり賑わった過去の残骸から歴史を振り返るよすがを見つめる写真集。

写真そのものは全体からすると少な目?なのけど一葉一葉が美スィ~✨
表紙はポーランドのゲズフドルフ教会で元はドイツ人の建設したランドマークのひとつだったが
(ブランデンブルク門と同じ人の設計)
戦争によって国境線が引きなおされた結果忌むべきものに?

日本からは軍艦島と奈良ドリームランド(ディズニーのフランチャイズになるはずだったところ。ライセンス契約に失敗して頓挫)を紹介。

戦争や気候変動、経済的に採算がとれなくなったり政策の転換など
そこが廃墟になった事情を知ると栄枯盛衰の儚さに思いを馳せてしまいやす><。

新潟もロシア村とかすげえ廃墟感あるトコあったけど今はもう取り壊されちゃって諸行無常★やわ。



関連図書ググったら類書多数あんのねえ。
日本では佐藤健寿さんて方がこの道の第一人者なのかいっぺ本出してるのあ。
・・・・ん?このシトX51.ORGの主宰かや!昔日参しちょったお気に入りサイトやわ☆☆
ご健勝の由嬉しく存じます(^^♪

とりま

とか見たいワ!

山田参助の無駄な抵抗やめましょう/山田参助


魔窟をひっかきまわしてこれも発掘☆再読。
(「若さでムンムン」はめっからなかった><。)


「さぶ」を中心に「サムソン」「バディ」「イマージュクラブ」などに95~05年にかけて発表されたもの。
一応掲載誌に合わせて作風を(意図的に?)変えようとしていますが
それがイチイチ著者の認識のズレを際立たせていてそこがなんとも楽しい☆^^バカダナー

シブケンシリーズは渋崎健という演歌歌手が主人公で
これが当時の参助がイメージする「さぶ」にふさわしいキャラクターだったんだと思うけれど
おそらく誌面では浮きまくってろうなあ・・・わは!
「甘い生活」は「南くんの恋人」のさぶバージョンみたいだけど
イモマッチョな小人のイノセントなセクシーさ?にやられました(^^♪かわいい。


↑似たようなネタを最近見かけたなあ・そいやあ。
パクリという気はないけど20年も前にこの発想、そして今見ても古さがない洗練はさすが!


参助どんが大阪の美術大学出身と知り、なるほどキチンと学んだ方なのね・と納得。
石膏デッサンとかしまくったんやろなあ☆

この本はオークラ出版・アクアコミックス。(肉体派)
間違ってもこれから増刷されることはなかろうから大事にしろう☆^^




も買おうか悩む★

山田参助の桃色メモリー/山田参助


こっちはもうちょい若い方向け?・・・と言っても80年代に青春送った世代なんかシニアもいいとこですやん☆^^


単行本でまとめられちゃうと逆にその時代性の違和感が消えてしまうからうっかりするけど
この本に収録された作品は2003~2009年に発表されたもので正真正銘平成時代のものなのよ。
サイバラがプッシュしてくれたおかげで依頼があった実話系の雑誌に掲載されたんて★
(サイバラ自身が「恨ミシュラン」とかからのスキマ産業出身だからのう><。王道漫画誌にはコネなし?)


だけどおかげでこのように自由なやりたい放題が許されたというか
昔(それこそ80年代くらい)のロリコン誌はかわいい女の子のヌードといったノルマ?を果たせば
あとはどんなトンチキや手抜きもOKだったなあ・・・と懐かしく☆^^;


絵はもちろん器用に元ネタを彷彿させる模写タッチでありながら
ちゃんと女の子のボディラインは柔らかく整い表情も官能的で
ネームに盛り込まれたネタのみちみち詰め込み感はまるで氣志團で
あの時代を生きてない若者にはわからんじゃろ・と思うけど知らない世代には新鮮に感じられるのかなあ・・・?


この本だけ読んだら参助の本来のタッチが分からないと思うけぞ
他の本から来たらその表現の幅の広さとどのコマにもあふれている過剰なまでのサービス精神に驚くと思うよ!!!
買って損はないと思います。(ちよこ保障認証)←趣味じゃなかったらゴメン・としか><。ハンパしちゃって?

ニッポン夜枕ばなし/山田参助


ぽちったのが到着☆

絵柄からして昔の「小島功」(ヒゲとボイン)のパクリトリビュート?リスペクト?つうか
いいのかコレ?ってくらいのパロっぷりなんだけど
どんどんネタがどぎつくなっていく様が寝不足ハイのようなテンションを掻き立ててくれてモウ大変。^^


並みならぬ画力があるからこその変幻自在?
「コミック乱」という時代劇雑誌に好評連載されたものだそうだけれど
いきなり広田弘史風のド劇画タッチの回があったり
小梅ちゃんの林静一風なカットやらで
女性はちゃんと色っぽく上品な見た目、
男はわりと等身大でむさくるしい(ホモ的には愛くるしい?)感じなんだけどどっちもド助平で爛漫におおらかな印象。

これぞ艶笑!笑う門には福来る☆で魔除け効果期待できそう(^^♪


腐女子の千代ちゃんが兄上とその親友をそんな目で見る「びいえる侍」シリーズ
河童や狸や鬼といった昔話のオーソドックスな素材×エロでもどこかキラリと光る新鮮さで
若者から漫画をあまり読まないシルバー世代まで受け入れられそうなコミックでした。凄いな!
プロフィール

麗藤ちよこ

Author:麗藤ちよこ
ちよこのブログへようこそ!

昭和中期生まれの老嬢が
感動したり興味を持ったりしたことを
節操なくミーハーに書きとめています。
主に読書日記。(腐傾向・雑読)

きわどい話題もありますので
精神的にお子様な方・シャレを理解なさらない方は進入禁止で★


伏せコメントと拍手コメントは基本的に一人で見てニマニマします。通常コメントには全レスを心がけております☆
空拍手が一番嬉しいので気軽にぱちってくださいな♪^^
(過去記事への拍手も大歓迎!)

記事・本文のリンクはご自由に。
報告不要で貼ったり剥がしたりしてくださってかまいません。



座右の銘というか目標は
『面白きこともなき世を面白く・・・』
楽しんだもの勝ちで☆^^

最新記事
最新コメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
グーパー
カテゴリ
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム